2014-05-03

臆病な自尊心

自分の臆病な自尊心をどうにかしたい。心ではそう願うが、頭が追いつかぬ。

山月記で李徴は畜生へと姿を変えたが、現実では人は虎にはなれぬ。

昔の人々は自分といくつも年が違わぬのに、なんと立派であったことか。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20140503135159
  • http://anond.hatelabo.jp/20140503135159

    李徴も、遥かに乏しい才能でありながら、それを専一に磨いたがために、堂々たる詩家となった者が幾らでもいる つってんだろ。ぐだぐだ言わずやることやれよ。

    • http://anond.hatelabo.jp/20140503160313

      失敗を恐れぬ強い意志とは、どうやって持てるのであろう?恥を偲んで常に挑戦し続ければ、いつか打ち勝つことが出来るのか?

      • http://anond.hatelabo.jp/20140503161504

        "碌々として瓦に伍する"ことをよしとしないなら、失敗なんて気にせず挑戦あるのみだよ。 恐れるべきは失敗じゃなくて、挑戦し続けた挙句、自身に才覚がなかったがためになんにも成...

        • http://anond.hatelabo.jp/20140503162130

          自分は珠などではなく瓦なのだ。珠に憧れる矮小な瓦であるのに、肥大した自尊心を持て余している。それをぶち壊したいのだが、臆病でそれが出来ぬ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん