2010-03-20

ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/

沖縄返還に関する日米合意文書の行方が追われている。

結論を言えば、誰かが「廃棄」したに決まっている。誰が考えても国益に反する文書を廃棄するのは当然。

では、その合意に基づいて、我が国の平和と安全が守られてこなかったと言うのか。

アメリカ核の傘の下にあるから、日本を敵国扱いしている国も手を出せない。これは事実ではないか。

日本政府がまだ、毅然としているのならいい。しかし、中曽根内閣の時、GNP1%を防衛費が超えるか超えないかで野党意味のない抵抗をした。そんな防衛意識、つまりは、主権意識しか持ち合わせていない政府の元で、この「合意」がなければ、とっくに竹島どころではない、対馬も奪われていただろう。

テレビコメンテーターが「アメリカオバマ大統領も核の均衡による平和の維持に疑問を呈している」と言っている。いつもはアメリカをこき下ろすのに、自分に都合がいいことだけ、断片的に引用する。

では、アメリカは具体的に核の削減を発表したかと言えば、単に「言っただけ」

事実、核の均衡によって、後進国核武装に対して、その暴発を抑えているのが現実ではないか。

「核反対」と何と、後楽園にあるラクーア石鹸売り場にあった。石鹸と核がどう関係するのか不思議だし、高価な香りのする石鹸を売り、買われているのは日本平和だからと言う常識に気付かない、いわゆる「ファッションとしての平和」主張としか考えられない。

我が国はそんな手合いが多い。

国家が占領されればどうなるか、それを知ろうとしない。

中には、「日本は負けて良かった」と公言する無知蒙昧もある。

占領下、どんな「違法」がまかり通り、日本人人権も婦女子の貞操も犯されたか知ろうとしない、知っていても知らん顔と言う手合いだ。

無防備都市宣言も非核の町も同じ。

本当にそう思っているのなら、アフガンへ、イラクに行って街頭でそれを説いたらいい。バカにされるか、ゲリラに殺されるか、人質にされるかだ。

核があるから、何とか平和が保たれている。それでも、戦後、100を越えるな内戦、侵略があった。では、核がなければ平和か。

通常兵器での戦争が「残酷ではない」と信じるのは無知から来ている。

確かに核は一瞬にして人を殺す。

では、昭和20年3月10日の「東京大空襲」は残酷ではなかったか。十二分に残虐であり、国際法違反している。

それを「非核」を唱える連中は、無視をして「非核」を主張する。

近頃ではタレントなどもそんなことを言っているが、世界軍事情勢も何も知らずに、これまた「風景」としての「非核」を主張しているに過ぎない。

いい気なものである。

第一、非核三原則など、私が子供のころの話だが、そんなことは「あり得ない」と思っていた。

それはそうだろう。わざわざ核を手間隙かけて降ろすはずはない。

政府は正直にあらねばならないと、嘘の権化と言うべき民主党が言っているが、では、民主党に嘘はないか。秘密はないか。

答えはある。私がそれを体験している。

国際政治は、陰謀の渦の中でやる。学級会とわけが違う。

駆け引きだから、密約もある。

スパイを使って暗殺さえある。

それが世界常識

そんな常識も分らない政党政権日本は任せられない。

社会は、世界は「保育園」「幼稚園」ではない。

そんなことあたり前ではないか。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん