2008-09-22

民主主義の罠―国益考えて投票とか言ってる奴はバカ

別にナショナリズム批判とかそういう話ではない。

民主主義社会において、選挙投票は「どうすれば自分が一番トクをするか」だけを考えて投票すべきものなのだ。

これが唯一絶対に正しい答えである。

「どうすれば日本が良くなるか。」なんていちいち考えて投票してるやつはバカの極みである。

口先だけの政治家の養分でしかない。

誰(どの党)に投票すれば日本全体を良くしてくれるかなんて問題に答えはない。

日本圧力団体(好意的に呼ぶなら利益集団)を考えてみよう。

医者はどうすれば診療報酬が一番もらえるかだけを考えて投票している。

百姓はどうすれば農家が優遇されるかだけを考えて投票している。

財界はどうすれば労働者の権利を弱め法人の税金を減らし自分たちが金儲けできるかだけを考えて投票している。

年寄りはどうすれば自分たちが年金を沢山貰い、医療費を払わずに済むかだけを考えて投票している。

彼らは自分たちの利益にならなければ伝統的な支持政党すら捨てる動きを見せている。

全く合理的で正しいプレイヤーだ。

ところが、いまどきの若者ときたら、そもそも選挙に行かないクズはさておき、やれ誰の政策が国益資するだの、どの政党日本のことを考えているかなど悪い意味純粋なことをネットで(冷めているフリをしながら)熱く語って、そしておそらくそれを投票行動に反映させている。

そんなに難しく考える必要が無い。

自分の一票だけで誰が当選するか、どの政党与党になるか変わるのであれば、それは「日本国益」なんてものを深く考えて投票するのが良いかもしれない。

しかし、どうせ一票は一票に過ぎない。であれば、単純に自分が一番トクしそうなところに票を投げておくのが一番合理的な唯一の正解なのだ。

そうすれば、勝手にいいように調整されるように民主主義という市場はできている。

外交だの国防だの難しいところは結局、どこの誰が政権とってもなんとかしてくれるんだから。

ただ、どうすれば自分個人がトクをするかだけ考えて投票行動しよう。

日本国益を考えて投票」なんていっている奴は「9条反対!」だけを唱えているような団体以上のお花畑君である。

  • http://anond.hatelabo.jp/20080922042138

    選挙の投票は「どうすれば自分が一番トクをするか」だけを考えて投票すべきものなのだ。 その通り。そうでなければファシズムを目指す政党が政権を取る事なんてできないからね。...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080922042138

    なんつーか、ポピュリズム万々歳って感じ? 外交だの国防だの難しいところは結局、どこの誰が政権とってもなんとかしてくれるんだから。 外交でヘタ打って何十年も国ぐるみで不利...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん