2009-02-26

「どこでもいい」と彼氏に言われたら

1.「どこでもいい」は、本当にどこでもいいことを意味することを肝に銘じる

男の「どこでもいい」は本当にどこでもいいのです。

「お前のセンスを試すぞ」ということではありません。うっかり、お店をじっくり選んだら、機嫌が悪くなります。

すぐ食べたいから、どこでもいいと言っているのですから。

2.少量系、健康系の店は避ける

「どこでもいい」は裏を返せば、「早く、満腹感を得たい」ということ。

お腹が満たされない食事は、何のメリットもありません。

3.飯そのものが旨い店を選ぶ

夜景がきれい」「有名人プロデュース」「野菜ソムリエがいる」「料理長が目の前で実演してくれる」「東京ではここでしか食べられない料理がある」など、味以外の付加価値には意味がありません。

それよりも「飯の旨さ」です。これさえあれば、店の雰囲気は関係ありません。

4.困ったときはラーメン屋

ここまで読んでもちんぷんかんぷんで、何をどうすればさっぱり分からないあなたへ。

ちょっと混み合っているラーメン屋を選べば、失格判定だけは避けられるはずです。

ラーメンが嫌いな男はほとんどいないと思いますし、混み合っている店はそこそこ旨いはず。大成功にはならなくても、「ま、いっか」と思ってくれる可能性が高いです。

http://anond.hatelabo.jp/20090226012600

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20090226230203

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん