2009-02-27

「どこでもいい」とジロリアンに言われたら

1.「どこでもいい」は、二郎に行きたいを意味することを肝に銘じる

ジロリアンの「どこでもいい」は「二郎に行きたい」って意味です。

うっかりイタリアンなんて提案すると、即失格判定です。

和食洋食中華だけは絶対に避けましょう。

2.亜種系、リスペクト系の店は避ける

二郎に行きたいのであって、二郎によく似たラーメン二郎ではありません。

只の脂ぎった野菜が多いラーメンでは何のメリットにもなりません。

3.付加価値のあるお店を選ぶ

「盛りが激しい」「つけ麺がある」「卵がある」「唐辛子トッピングできる」「他、特殊なトッピングがある」など、味以外の付加価値があると、印象に残りやすくなるし、なんとなく美味しかったような気がするものです。

4.デザートが美味しい店

店の前に自動販売機があると、かなりポイントが高いです。

コーラなど炭酸系が置いてあるお店が良いと思います。

5.困ったときは二郎

ここまで読んでもちんぷんかんぷんで、何をどうすればさっぱり分からないあなたへ。

ちょっと混み合っている二郎を選べば、失格判定だけは避けられるはずです。

二郎が嫌いなジロリアンはほとんどいないと思いますし、混み合っている店はそこそこ旨いはず。大成功にはならなくても、「ま、いっか」と思ってくれる可能性が高いです。

http://anond.hatelabo.jp/20090226012600

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん