2007-05-03

[]らき☆すた動画スケジュールから見るヤマカン降板事件

作画オタでも萌えオタでもいいじゃない、アニオタだもの。

不毛な戦いに疲れたので『愛・おぼえていますか』ぜんぶみちゃったよ。

ファイナルアタックでミンメイ歌いだしてからマジ泣き。

僕達がするべきことは戦うことじゃない、愛しあうことだったんだ!

ところで山本寛はなぜ『らき☆すた』の監督を(あんな形で)降板することになったのか?

いろいろな説が飛び交っているけれど、「演出・山本寛としては優れていたが、そのこだわり故に監督として全体を見なければならないポジションになったとき、制作スケジュールまたはスタッフワークに問題が生じてしまった」ことに起因する、京都アニメーション内部の修正人事というのが有力だと思います。

監督において、まだ、その域に達していない」というリリースには、少なくとも『らき☆すた』のクオリティが低すぎたのでとはどこにも書いていない。『ハルヒ』や『ふもっふ』『TSR』を期待していた人や、そもそも萌え4コマのようなものが嫌いな人には評判がよろしくないけれど、『らき☆すた』は演出、カット割、その他もろもろ非常に細かいところまで心くばりがなされていて、とても心地よく見ることができるものになっていますよ。

というわけで「山本寛京アニとして許せないレベルの駄作を作ったから」ではなく「フィルムクオリティ以外の面で監督として至らなかった」という点に絞って、いろいろ調べてみたのですが、大阪アニメ制作スタジオスタジオワンパック」が下請けした作品の実績をサイトで公開していました。

それによると4月8日に#1がオンエアされた『らき☆すた』の動画が以下のようなスケジュールで撒かれていることがわかります。

3月

らき☆すた』#2(311枚)

グレンラガン』#7(489枚):参考

4月

らき☆すた』#6(510枚)

らき☆すた』#7(409枚)

らき☆すた』#8(410枚)

参考までに、3月に同社で制作された『天元突破グレンラガン』のデータも併記していますが、これと比べても「制作スケジュールに大幅なマージンを設けることで、高いクオリティを実現する」といわれている

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20070503233350
  • [雑記]「らき☆すた」 山本監督降板の件

    増田に興味深い話が。 http://anond.hatelabo.jp/20070503233350 ここに書かれている通り、スタジオワンパックのサイトを見ると、作品履歴の所に仕上げた枚数が 事細かに書かれています。 (僕は...

  • http://anond.hatelabo.jp/20070503233350

    最近のゴタゴタは作画オタと萌えオタがケンカしてるわけじゃなくて、教養主義者とアンチ教養主義者が言い争ってるんでしょ。 作画オタ兼萌えオタな人だって普通に存在するし。 なん...

    • http://anond.hatelabo.jp/20070504120259

      作画オタ兼萌えオタな人だって普通に存在するし。 そんなことが解ってないようにみえますか!? 二人一緒じゃだめですか!? 最近のゴタゴタは作画オタと萌えオタがケンカしてる...

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)