2012-08-27

もう一声がいつも足りない

直感を信じている。

その直感がなぜ正しいのかを説明するときにいつももう一声が足りない。

このままでは中身のないオバカさんである

そのことにいつも気づかせてくれる師匠感謝している。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん