2009-09-28

http://anond.hatelabo.jp/20090925200303

イスタリ、マイアとかの単語を調べてみれば、なぜ彼らが直接的に問題の解決を行えないのかの理由がそれなりに調べられると思いますが。

かれらは、自分達の愚考反省した(我々の世界的にいってしまえば)神々にその能力の直接的な行使を禁止されています。

どちらかと言えば、廃坑のバルログやらドラゴン相手に力を行使してしまった方をこそ問題視すべきなのですが、そこをあれこれ言い出すと、指輪世界のどろどろとした世界解釈とその闇に潜む魑魅魍魎を相手にすることになるので、「じぶんではかいけつできない」設定だったと思っていただければ。


ちなみに、あの世界のバルログは、直視すると恐怖だけで相手を死に至らしめる事があるほどの強敵で、ガンダルフが対峙したのは、その中でもまず人間では手も足も出ない相手。

黒の乗り手は指輪に取り付かれた人間の王達ですが、かれらも常軌を逸した能力者で、当然のように恐怖で人を殺します。

直視するだけでも能力が制限され、なみの魔法武器ではダメージを与えられませんし、攻撃のための接触でさえ自分に危害が及びます。

むしろ満足に戦えてるアラゴルン達を賞賛すべきシーンだったり。

アラゴルン人間上位種の直系で、人としては規格外な能力者だけれどもね)

バルログ古代人間種のように、高位のエルフもとんでもないチート集団で、暴力以外での不老不死約束されていたりする。

エルロンドに至っては、RPG的な表現ではレベルカンスト者で、愛剣ヘルカルイネを一振りするだけで、トロール程度なら一刀両断

こうした、指輪世界に興味があるなら、いろいろと文献を調べてみることをお勧めする。

記事への反応 -
  • ロードオブザリングに映画よりも長いバージョンのDVDがあるのを知って最近また見ました。 その際おかしいなと思う点が幾つかあったのですが、一つだけあまりにも理解出来ない事...

    • イスタリ、マイアとかの単語を調べてみれば、なぜ彼らが直接的に問題の解決を行えないのかの理由がそれなりに調べられると思いますが。 かれらは、自分達の愚考を反省した(我々の...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090928012950 >神々にその能力の直接的な行使を禁止されています >「じぶんではかいけつできない」設定 とすると、 人間の軍勢を率いてサウロンの軍勢と戦争する...

        • あんた本当は指輪物語熟読してるんじゃないの?おれ釣られちゃってるの?

          • 熟読してたら、イスタリの立場を理解してるんじゃない? (あるいは気に入らないから否定したいか) ファンタジー世界での職業的「魔法使い」観念から抜け出していないんだと思う...

          • http://anond.hatelabo.jp/20090928215641 小説が原作らしいとは知っていますが、私が見たのは何年か前に映画版のDVDを各話1回ずつと、先週映画版に収録されていないシーンが収録された版の...

    • 空路を選ばないのは敵の本拠地に空から乗り込めるほど甘くはないってことじゃないの。 あの世界の魔法って万能なものじゃなくて限定的で万能じゃないし。 ガンダルフ本人が捨てに...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090925211357 空から行くのが甘くないとして、具体的にはどんな妨害があるのでしょう。 魔物ではないでしょうし(竜より強い空の魔物が別に居たら使っているはず)...

        • 映画ではもしかして竜になってるかもしれないけど、空飛ぶ黒の乗り手が9人もいるんだぞ。首領はガンダルフと互角だそうだ。無理やり行ったら叩き落されるって。 まあ、そういう理...

          • http://anond.hatelabo.jp/20090926125708 まず、空を行くと空の黒いのに会う確率は非常に低いです。サウロンは指輪が直接どこにあるかを知ることは出来ていませんので直接狙って接近してくるこ...

            • 1:ガンダルフはバルログとの戦いの後、白のガンダルフとして転生してる。 鳥に乗って空を飛んだり、竜を追い払ったりする力はその時に得た。 2:ガンダルフはあの世界では神や精...

              • http://anond.hatelabo.jp/20090928010831 >鳥に乗って空を飛んだり、竜を追い払ったりする力はその時に得た。 転生する前に、鳥を呼んでサルマンの塔から脱出している。エルフの国から出発時...

            • 映画ではそういうことになってるのかあ。っていうか竜っていわゆる「恐るべき獣」のことだったのね。 黒の乗り手は自分が支配されている指輪の位置を感じることができる。また、そ...

              • http://anond.hatelabo.jp/20090928013858 >黒の乗り手は自分が支配されている指輪の位置を感じることができる。また、その乗騎は鋭い視力で怪しいものを見つけることができる。 映画では、物...

                • 黒の乗り手(指輪の幽鬼)の一つの指輪探知能力は指輪の魔力が使われた時に発揮される。 物語を見ていると、フロドが指輪を嵌めた時に指輪の位置を感ずる様子が描かれているはずだ...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20090928230301 >空を行けば余りに目立ちすぎる。 いやだから、地上から見たらはるか上空をただ鳥が飛んでいるだけだから見られても問題ないし、仮に見つかってもサ...

                    • どうせ納得する気ないんだろうし、破綻した物語と思っとけばいいんじゃない? 神話や物語的にいえばフロドたちが苦難に満ちた旅をするのは神に定められた運命って奴。 ガンダルフ...

                      • http://anond.hatelabo.jp/20090929012525 >どうせ納得する気ないんだろうし あなたが何をもって勝手に決め付けているのかは分かりませんが、私が見落としている映画中のシーンや、或いは私が...

    • 原作読めば判るよ。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090925200303 空から行くのが甘くないとして、具体的にはどんな妨害があるのでしょう。 魔物ではないでしょうし(竜より強い空の魔物が別に居たら使っているはず)...

    • まず、もともと指輪はフロド「のみ」に託されたものではありません。 裂谷で、4つの種族がその先を会議した結果、その4つが諸共に争いに発展し、唯一蚊帳の外で正気を保っていた...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090926135312 >指輪を葬る旅は秘密裏に行う事を目的としていたので、空から堂々と、というのはないでしょう。 指輪の所持者が指輪を葬る旅を堂々と行うことができ...

        • ガンダルフが乗っている鷲は「グワイヒア」というあの世界の鷲の王様(後に鳥の王様)で一羽しかいない。ガンダルフのお友達。 複数出てきているシーンはなかったと思うんだけど。 サ...

          • http://anond.hatelabo.jp/20090928091448 >複数出てきているシーンはなかったと思うんだけど。 終盤5匹くらいまとめて出てきてそれぞれが黒の竜達と互角に戦ってますよ。 >それもあってガ...

    • イスタリとかマイアとかいう単語を知らなくてもぴんとくるレベル=映画内でわかる範囲で言い換えてみるテスト。   ゴクリ、もといゴラムが元々指輪を拾った何者か(原作ではホビッ...

    • 既に他の誰かが言ってるけど、本当は直接力を行使しちゃいけない存在なわけだけど いざやばそうになるとあれこれやっちゃうおせっかい爺ってことで納得いかないのかな。

      • http://anond.hatelabo.jp/20090929024255 仮にそう考えると、エルフの国を出発する時のガンダルフの思考として パターン1 「数日間鳥を使うのは力の直接行使になってしまうので良くない。し...

        • 映画版だとあたかも「鳥を使ってるのがガンダルフ自身」かのように読めるので意味不明になっちゃうんだよなあ。 原作だと、実はあのでかくて頭の良い鳥を使ってるのは別の魔法使い...

          • http://anond.hatelabo.jp/20090929072611 そんな設定があったとは全く知りませんでした! それなら納得です。どうもありがとうございました。

        • 前提として、指輪破壊の意図をサウロンに悟られてはならない、ということがあります。 サウロンは指輪の力を過信しているのか、指輪の所有者がその破壊を企てるなどとは夢にも思っ...

          • http://anond.hatelabo.jp/20090929111436 ガンダルフは鳥を呼べないとは知りませんでした。 他の方によると、茶色のラダガストという魔法使いだけが呼べるようですね。 謎は解けました。 ありが...

    • 他の方々も色々書いていますし、 なんだか釣りっぽいような気もしますが、 あえて質問に答えてみますと、 まずガンダルフがコンドル(鷲?)に フロド達を乗せていかなかったのには ...

    • 他の方々も色々書いていますし、 なんだか釣りっぽいような気もしますが、 あえて質問に答えてみますと、 まずガンダルフがコンドル(鷲?)に フロド達を乗せていかなかったのには ...

      • それでもMiddle Earthの行く末を考えて、 誰にも属していない、力のないホビットに あえて役割を与えるというのも彼の考えなのかと。 特にフロドはビルボとは異なり、 どちらかとい...

        • http://anond.hatelabo.jp/20090929102729 >指輪物語の最後は、ドラエもんのように、 >「元通りの日常に戻りました。めでたし、めでたし」 >ではないのが切ないですけどね。 4人が以前のよ...

          • 4人が以前のように飲み屋で軽いノリで騒げなくなってしまっている事に一抹の寂しさを感じると共に、彼らの内面の確かな成長も感じられて感慨深いものがありましたね。 えっ??...

            • http://anond.hatelabo.jp/20090930221648 あの物語は、何かが犠牲になる要素と、何かが成長する要素を併せ持っているのではないですか? あなたがどうしても「犠牲物語」と解釈したいのかどう...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090929095050 >ビルボからリングを受け取ってから、数十年リングの影響を受けていない これは映画と原作はまったく異なる設定の部分もあるということですね。 映画...

    • 仮説1だけど。 指輪は、ビルボ・バギンズからフロド・バギンズへ渡される。 映画見てないから解らないけど、仮にガンダルフが(封筒とはいえ)指輪を持つとしても、かなりの短期間...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090929151204 追記したように謎は解けたのですが、その点については仮説4も合わせて読んでみてくださいな。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん