2009-06-08

六月怪談

最近うちの犬の様子がおかしい。

ちょっと前まではそりゃもうヨボヨボで、散歩に連れて行っても10歩進んで家に帰るくらいの勢いで、

メシは食べないしお通じもないし、かと思えば前がゆるくなってオムツは欠かせないし、

まあ御年14歳の高齢犬だから、獣医さんにも夏くらいが目処ですかねーとか言われてた。

自分もこまめに水を飲ませてやったり、夜に目が覚めるとすぐ隣に寝ている犬の呼吸を確かめたりして、

少しずつ心の準備みたいなものをしておいた。

ところがどっこい、犬は昨日今日すんごく元気になった。

窓からカラスに吠えるし、汚い話だけどうんこももりもりする。

ごはんは一時期の2倍くらいにしてるのに、まだ食べたがる。

散歩の足取りも結構軽快で、こっちが早歩きしなきゃいけないほどだ。

一ヶ月以上前から見なくなっていた「遊んでほしい顔」をするようになったので、

抱きついたり噛みついたり、思いっきり構ってやった。

そこで自分はある疑いを持った。

こいつの中にじいちゃん入ってんじゃねーの?

大島弓子短編「四月怪談」は、若くして死んだ(正確に言えば仮死状態の)少女とお人好しの幽霊

互いに生き返る機会を譲り合い、結局二人で一つの体に収まってしまうという話だ。

以来、少女は少し優しくなったり、ささいなことに感動するようになった。

少女本来の性格ではなく、幽霊の持っていた資質が表に出るようになったらしい)

これと同じ現象が我が愛犬にも起こっているのではないか、と思うのだ。

じいちゃんは数日前にガンで死んだ。

ずーっと自宅療養で、最期は一週間だけ国立病院入院したけど、

一泊一万円のVIPな病室をもらって、24時間体制で家族が付きそった。

大好きだった氷川きよしCDをかけたり、サッカー国際試合を解説してやったりして、

それなりにみんなが手を尽くして見送った。

眠りにつく時はとても穏やかだった。

じいちゃんは犬を大変可愛がっていたし、犬もじいちゃんに一番なついていたので、

だっこ用の布のバッグに入れて、一緒にお見舞いに行ったりもした。

末期の患者さんが多い病棟では珍しいことではないらしく、看護師さんにも可愛がってもらった。

犬は家族用のベッドの上でよく眠った。

あまりにおとなしくって、家族はみんな、じいちゃんが先か、犬が先かって考えてたと思う。

かしここに来てまさかの全快。

もちろん老いはあるから、動きはのろいし、おしっこのキレも依然悪い。

でも玄関先までおかえりを言いに来たり、食事時に少しは食べさせろやって寄ってくるようになった。

なんでこんなに元気になったんだろうね、おじいちゃんの命を分けてもらったのかしらと母は言うけど、

自分はやっぱり四月怪談説の立場をとりたいと思う。

だって水を出したら飲まないくせに、人の麦茶はほしがるなんておかしい。

缶詰は食べないくせに白いご飯はがつがつ食べるなんてあやしすぎる。

絶対、中にちょっとじいちゃん入ってる。

だとしたらもうちょっと長生きしてもらわなきゃなあ、とか考える今日この頃

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん