2008-02-03

http://anond.hatelabo.jp/20080203183342

インフレデフレ、スタグフ。

過去に定義された名前があるということは、

既に観測された事象なんだとおもう。

現状は正直デフレと分類していいものか悩む。

たぶん未来にまた新しい名称をつけるかもしれない。

これからまちうけているのは・・・

生活必需品インフレ

車などの高単価商品デフレ

ソフトロボットで効率化することにより労働価値の低下。

40万も出せば買える新車が途上国で発売された、

いっぽうで一食の値段は途上国でも100円に近づいてきている。

きっと基本素材の応用が可能になったことによる最終製品のノーボーダー化が

最終商品サービスにも影響をあたえてるんだ。

現状のデフレグローバリゼーションが原因だと言うのがもっぱらだが、

もしかしたら原因はマテリアリゼーションにあるのかもしれない。

原材料なんかがアプライドされて我々を取り巻く経済環境も、

ノーボーダーカップヌードル状態になるのである。

つまり何がいいたいかというと腹減ったということなのである。

日本人の話しは最後まで聞かないと判らない。。。

記事への反応 -
  • 物価上昇とデフレについて

    デフレ(物価の継続的な下落)が終わるのなら、めでたいことだ。インフレの害よりデフレの害の方が大きいから。 インフレのときに賃金や利子を上げて調整することはできても、賃金...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080203183342

      インフレ、デフレ、スタグフ。 過去に定義された名前があるということは、 既に観測された事象なんだとおもう。 現状は正直デフレと分類していいものか悩む。 たぶん未来にまた新し...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080203190116

        インフレデフレは全体的な物価変動のことだから、個別の商品の価格が上がろうが下がろうがデフレでもインフレでもない。個別の商品価格の変動を集計して全体見るわけだからまったく...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080203190116

        いわゆる、価格下落の代表格「デジタル家電」の影響って、物価指数上は0.3ポイント程度しかなかったりする。

    • http://anond.hatelabo.jp/20080203183342

      インフレと貨幣の関係なんだが、 日銀が供給する通貨(銀行券)だけではなくて、 民間銀行が信用創造する部分が大きいのでは、 と個人的には思う。 日銀が緊縮的か緩和的かというの...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080204030632

        日銀が供給するベースマネーを、民間銀行の信用創造によりマネーサプライに変える際の倍率である、いわゆる信用乗数が低下しているのは確か。しかし、それでもベースマネーを十分増...

        • http://anond.hatelabo.jp/20080204232549

          ベースマネーを増やせば良いといっても効果は微々たる物でしょ。金融だけでやろうとするのに無理があると思う。民間が借りないなら国が国債発行しまくればマネーサプライは増やせる...

          • http://anond.hatelabo.jp/20080205001248

            > ベースマネーを増やせば良いといっても効果は微々たる物でしょ。 つ「バーナンキの背理法」 長期国債でも外貨でも不動産でも、十分に買えば必ずインフレになる。 もちろん、財...

            • http://anond.hatelabo.jp/20080205103811

              つ「バーナンキの背理法」 長期国債でも外貨でも不動産でも、十分に買えば必ずインフレになる。 外貨や不動産買うのは国債発行するんだから財政政策のような気がするけど。 それ...

              • http://anond.hatelabo.jp/20080205211923

                外貨や不動産買うのは国債発行するんだから財政政策のような気がするけど。 それだと、国債や手形を売り買いしてる日銀のオペも財政政策になっちゃうけど。 数十兆円でも足りな...

        • http://anond.hatelabo.jp/20080204232549

          リンク先エントリのコメントとも関連しますが、(とりあえず現在のサブプライム関連の状況はさておいて、) ここ数年の状況は、国内に魅力的な投資先が少なくて、国内の金融緩和を...

          • http://anond.hatelabo.jp/20080205020413

            > 国内に魅力的な投資先が少なくて、国内の金融緩和をしても、海外に資金が流れるだけだった 国内に魅力的な投資先が少ない =資本の期待実質収益率に比べて調達実質金利が高い =...

            • http://anond.hatelabo.jp/20080205105813

              経済学の論理だとそうなるのかなーと思いつつ。 >> 国内に魅力的な投資先が少なくて、国内の金融緩和をしても、海外に資金が流れるだけだった >国内に魅力的な投資先が少ない ...

              • http://anond.hatelabo.jp/20080205222017

                海外より日本のほうが期待収益低くても調達利子がもっと低ければ海外も日本も投資されるのでは? 日本より海外のほうが高いと国内投資できないという理屈だと世界で最も収益率の高...

                • http://anond.hatelabo.jp/20080206014339

                  > 海外より日本のほうが期待収益低くても調達利子がもっと低ければ海外も日本も投資されるのでは? http://anond.hatelabo.jp/20080205231854 現実にはそうだと思います。下の話への反論として...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20080206014339

                    理論としてはそうだとして、実際に本当にそうなるのだろうか。ほかの要因もあるのでは。 「ほかの要因」が同じとすれば、景気は良くなる。だからやらない理由はないよね。 ・国...

              • http://anond.hatelabo.jp/20080205222017

                (国内)資本の期待実質収益率」>「調達実質金利」だとしても、国内投資は増えない場合もあるのじゃないのかな。  たとえば、開放経済として、「海外投資の資本の期待実質収益...

          • http://anond.hatelabo.jp/20080205020413

            元エントリで引用されてるリンク先のコメント欄とも関連するけど、(とりあえず現在のサブプライム関連の状況はさておいて、) ここ数年の状況は、国内に魅力的な投資先が少なく...

            • http://anond.hatelabo.jp/20080205225329

              現状で円高に向かっているのは金融緩和ができていないから? 金融緩和って量的金融緩和のこと??

              • http://anond.hatelabo.jp/20080206003405

                元々貸す対象もないのに市中に金を余らせてもどうにもならん気が.....

                • http://anond.hatelabo.jp/20080206004338

                  現状で円高に向かっているのは金融緩和ができていないから? 金融緩和って量的金融緩和のこと?? 金融緩和=貨幣流通量が増える=円の価値が下がる=インフレ・円安 元々貸す...

              • http://anond.hatelabo.jp/20080206003405

                アメリカは金利下げてて日本は何もしてないんだから円高ドル安になりやすいはず。量的緩和というのは金融緩和の方法のひとつ。普通は金利を下げて金融緩和するが日本は0金利してた...

                • http://anond.hatelabo.jp/20080206010242

                  だから国債発行はもっと増やすべきなんだよな。別に銀行が貸さなくても法人税社会保険料を減税しとけば企業に金は回るし。 賛成だが、国債発行に政治的な抵抗が強いなら、政府紙...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん