2007-07-29

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』の感想

いくつか思ったことを。

まず、「もっと売れていいんではないか、この本」というのが一点目。

ひろゆき氏は普通に頭のいいなあ、と感心しました。

また、これに対する「(梅田望夫氏の、というか、はてなの)俺のターン!」が楽しみだということが二点目。

(「はてなワールド」がそれに相当するのかな?)

あと、ひろゆき氏自身も言っているけど、技術力が凄いのではなく、企画力・営業力が凄い会社シェアを握るという話について。

これは一般論として、昔から言われているので、ネット企業も例外ではないということでしょうね。

商品を売るというのはイメージを売るということであって、経営が判断したそのイメージを喚起させるためには、企画力・営業力戦略的な裏付けが必要であり、企画力・営業力は、技術力の戦術的な裏付けが必要であるという感じでしょうかね。

個人的には、ひろゆき氏はWeb2.0を否定していますが、(そういった言葉などの)イメージの力はまだまだ侮れない気がします(失敗例はわんさかありますが)。例え、裏付けのないイメージの一人歩きと言われようとも、幻想にすがりつきたい人は必ずいる訳で。・・・その辺で意見は分かれるかも知れません。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん