2009-02-09

個人ニュースサイトは既に終わったジャンル

SBMとかのRSSを活用し、個人ニュースサイトを見なくなってから

個人ニュースサイトを見る奴が情弱に見えるようになった。

はっきり言って彼らは終わってるだろう。まず個人サイトが終わっているということ。

pixivニコニコ動画を見てもわかるように今は個人サイトの時代じゃない。

なのに未だに個人サイトなんかやってる。終わってる。

さらにRSSに対応しておらず、レイアウトをいじることもできないことも「終わってる感」に拍車をかける。

そしてどこも似たような話題を取り上げてるにも関わらず、重複を一つにまとめることもできない。

なぜこんな終わってるメディアを重宝する人間がいるのか。

視野をちょっと広げればもっと便利な世界が広がっているのにそれに気づかない。

まぁ、個人ニュースサイトを見るような人間って

英語がわからずにせせこましく日本語サイトだけを徘徊しているような人間だろうからアンテナが折れてても別段驚かないけどさ。

それにしてもなぜ個人ニュースサイトなのか。やっている人間も時代から取り残されているようにしか見えない。

例えるならブログが台頭してきたときのテキストサイトだ。

彼らが情報を取り扱い、最新ニュースを取り揃える情報強者を装いながら、実のところは時代遅れ情弱であるという構図が笑える。

まぁ、それでも矜持があるんならまずはRSSに対応して見づらさを解消しなさいな。

そうやってアップデートをしていったら、自然個人ニュースサイトなんか辞めてるから(笑)

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20090209235643

記事への反応(ブックマークコメント)