2020-07-05

anond:20200703230129

わかる。

ゾルギアの終わりの方のステージ脳内に潜っているブレイヤーがその中枢に居る深度と比例してアシッド味(TB-303度合い)が深くなってくる 'Brain Core' という曲は、音楽演出にうまく生かされていて、わたしはとても好き。

記事への反応 -
  • この間のASOBINOTEでもアイマス関連のほうが注目されていた気がして悔しいのでナムコは昔からダンスミュージックに親和性があるってことを酒にやられた頭で書きたい。 自分はリッジレ...

    • わかる。 ゾルギアの終わりの方のステージ。脳内に潜っているブレイヤーがその中枢に居る深度と比例してアシッド味(TB-303度合い)が深くなってくる 'Brain Core' という曲は、音楽が...

    • ナムコ縛りで触れてないんだと思うけど、ゲームのダンスミュージック導入黎明期においてコシロンのスキームからベアナックルへの一連の流れや、ビューポイントのハウス導入とか重...

    • 細江さんの曲は当時としては画期的だったけど正直当時でもクラブでの実用に耐える曲ではなかったし今やそのへんのアマのトラックメーカーの方がいくらでも実用に耐える曲作っとる ...

      • 時代性を無視するという暴挙

        • 無視してない。 電気グルーヴのカフェド鬼と比べりゃ実用性というか曲そのもののクオリティに天と地ほど差があるのは単なる事実。

    • わかる。 iTunesに『Ridge Racer』というプレイリスト作ってる。 プレイしてたのは、最初のアーケード版から始めてPS2のVが最後だけどその後のシリーズはアルバムだけは手に入れている。...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん