2020-05-30

記事への反応 -
  • 調べればすぐに分かることをなぜ疑わないのか

    • 公務員を敵だとして叩くことを政策にしている奴がいるから。 政府が非効率だ!という思想の亜種。 そんな政策を30年続けてきたら、公務員の一部は大学教員や公設研究所職員だったの...

      • 派遣法の規制緩和で民間がボロボロになったのだから公務員も肩代わりすべきでしょ。

        • した結果ボロボロですよ。短期間ポスドクの増加な。 そもそも大学とかはまだまだ売り上げにつながらない基礎段階の研究をしているのだが、そのあたりが全滅してしまった。 とくに199...

          • 中小企業のほうがボロボロですよ。

            • 中小企業ではもともと基礎研究とかしてないとこが多かったと思うよ。

              • 中小企業は公務員より待遇がボロボロですよね

                • 待遇の良し悪し以前に基礎研究は中小企業にはそぐわない。 例外的にすごい中小零細に負担を押し付けるのが前提みたいになるのは社会構造として不適切。 税金でやるべきことに税金を...

            • 景気や金の動き無視して小さな政府がいいという連中が政権を握って大暴れしたからな。小泉と民主党政権だ。 不況の時は政府が金を使うのが正しいんだったんだよ。もうちょっという...

              • https://www.nistep.go.jp/sti_indicator/2019/RM283_11.html 研究費は減ってる?

                • 他の国に比べて伸び率が低いし、何よりも人件費や、競争的資金になじまない本当の萌芽に使われる運営費交付金を減らしたんだが。 豊田長康「科学立国の危機: 失速する日本の研究力...

                  • そんなこと言われてもそれも含めてこの金額なのだからねえ。高齢化の状況を考えるとある程度伸びが鈍るのは仕方ないのではないだろうか。

                    • だからそのグラフで見ても日本がほかの先進国よりはるかに伸びが少ないのが見て取れるって言ってんだよ。 さらに言うとそれは研究費総額だから、基盤研究費はボロボロになってんの...

                      • そもそも日本でしか使われないようなローカルな言語で研究をしても、発展の可能性も低いし、リターンは少ないんと違う? 真面目な話、バブル時代に蓄積した財をいかに目減りさせず...

                        • 昔は知らんけど、今だと日本の研究者でも英語での発表が基本な分野なら英語でやってるのが通常だと思うが・・・ 英語だけなのがローカルだみたいな論だったらすまん

                        • 理系はまず英語で発表しますが? あとバブル以前の遺産を食いつぶして30年でまだ何とか持ちこたえててそれが今ってとこだろ。 ちなみに、世界恐慌の後衰退したってのはアルゼンチン...

                          • 研究における「日本語」の重要性は、キズナアイの件で文系研究者増田が散々いろいろ論じてたなあと たしか日本語の学術言語としてのシェアは普通に大きいから、ある程度日本語で書...

                          • 英語で発表した論文の内容を日本企業が採用して研究するとでも? ゼロじゃないだろうけど、どっちかっていうとそれこそ英語圏の企業が採用して、英語圏の企業の利益になるんじゃな...

                            • よくわからんけど、企業が採用して研究するってどういう前提なのかよくわからん ここでいう研究する主体は普通に大学の研究者な気がするが 企業が大学と同レベルの学術的なものを行...

                              • ?研究費って、企業活動でリクープすることが前提で投入されるものなのでは? 投下されていないのは回収見込みがないからでしょ?

                            • 儲かるのならするよ。 理系は英語読むぐらいはできて当たり前。 だけど、そもそも日本企業はバブル崩壊を境に高貯蓄・低設備研究投資に転じたからあまり先進的な研究をしなくなった...

                              • そもそも読む読まないのはなし以前に、研究論文を企業が活用することを前提に発表するというのがよくわからん。 だれが読むとか特に無くて、学術全体の発展のために発表するんじゃ...

                              • ?儲かるかどうか判断して投資するのは経営者層でしょ? マネジメントする人間が読めないと意味なくない?

                          • アルゼンチンの歴史は知っている。 だからといって、日本にやれることはない。 日本にできることは、滅びが少しでも先になるように祈ることくらいだ。

                            • きちんと経済をまともにする政権を選び支持することだな。 安部もその期待を一身に背負ってリフレで政権を奪い返して、リフレは成功した。消費税を上げたからうまくいかなかったう...

                      • いや、日本の高齢化はどこの国よりも深刻よ。 だから積極的に競争的に取れる部分は競争的資金でとっていきましょうって話なのでは?その上でそぐわない部分は交付金でやればいい。...

                        • 言っていることは合っているけど、日本で深刻なのは高齢化よりも人口減少のほうだからな。

                    • そう。本当は最優先にすべきなのは少子高齢化対策で、特に少子化対策ではあるんだよな。 国にとっては子供というのは期待値がプラスの将来の納税者であって、将来のための種籾を食...

                  • そもそも特に基礎研究においては競争的資金なんてボーナスポイント程度に捉えるべきであって、 「普段の仕事」は交付金などの定常的な資金でできるようにするべきだと思うんだよな...

                    • それ変な話だと思うんだよ。研究資金は競争資金で獲得できるなら図書館の設備を削る必要ないもの。

                      • だけど「選択と集中」で減らした。集中から外れたものの一つが図書館経費。

                        • それ大学が悪いのでは...

                          • 予算を決めるのは政府だよ。 だから政府に全面的な責任がある。 公務員含め公的セクターに石を投げたらうまくいくという新自由主義を実践した結果。

        • 大学教員に対応する同業種?の「民間」ってなんだろ 民間企業の研究所とかはあるんだろうけど一部の分野とかに限られてるものだし そもそもそういう系って規制緩和後の派遣とかの話...

          • 民間が痛い目を見たのだから当然公務員も負担を負うべきでしょ。

            • 痛い目を見たのは「政府が何もしない新自由主義が理想的!」といってた連中が原因な。 小泉が反小泉を追い出したのがターニングポイントだったな。もし反小泉が勝っていたら日本は...

              • うん、そうだね。 だから公務員も一緒になって負担しよう。

                • ちがうね。景気を上げて、財サービスの需要と労働需要を上げて、中小企業、労働者が仕事をえり好みでき、給金もあげる状況を作ることが第一だ。 公務員含めて敵を作って叩けば改善...

                  • 公務員と中小零細の労働者は共闘できるんだ、と主張するほうがおかしい。 待遇が違いすぎるんだから共闘はできないよ。敵だ。

                    • 労働者の分断を煽るのか・・・

                      • 待遇が分断してるから分断は当たり前だと言えるのでは

                      • 労働者の団結の美名にあぐらをかいているのが官公労=立憲民主党だろう。 あなた方の団結に寄せる思いが本気ならば個人でもできることをいますぐやったらよろしい。 たとえば公務員...

            • 研究の世界だとむしろ今は私大・企業研究所のほうが「恵まれてる」事例のほうが多いからなあ どっちかというと公務員側の食ってる割が多い感じ。 まあそもそも今の時代だと公務員で...

              • 大企業が次々と中央研究所閉鎖をしたのを知らん? 私大も研究の資金は結局科研費などの国からのお金だよりだし。だって企業は実用に近い研究にしか金ださんから。 大企業が次々と中...

                • 研究資金という意味ではたしかにそうかも知れんけど、国立大学の窮乏はもはや教育自体が危なとかいう粋だからなあ まあそういう話ではなくて、中央研究所の類がありうる分野は昔で...

                  • 国立大学の窮乏はもはや教育自体が危なとかいう粋だからなあ 算数のできない大学生の問題なら、それはそのような大学生を放置してきた小学校、中学校、高校教員の方の責任だよ。 ...

                    • ???? 予算が足りないから教育があぶないという話なのだが。 大学生がどれだけ算数ができてもそれで予算というか運営交付金が増えるわけではないので・・・ 小中高の先生がどれ...

                      • ああ、その意味では大学と、小中高校両方だな。つまり教育公務員、公産業をぼこぼこにたたかれて「政府が何もしないのが理想的!財政均衡すべき!」とやったから崩壊したな。

    • 調べてすぐ民間中小ではありえない昇給と退職金があるのがわります

      • 昇給はともかく退職金は給料の後払いの性格があるという説も強いし、 そういう意味でならその分給料あげてもらったほうがいいとか自分は思ってしまうなあ・・・

        • 中小零細で公務員の4号や3号の昇給あるとこあるの?ないでしょ。

          • 中小零細がどうなってるかどうかと、退職金というシステムに納得がいくかどうかは別の話だということでは 他社の事情とかまで詳しく考えてるほど思慮深い人ばかりではないのが現実...

            • 中小の退職金はたいてい中退共や401kの最少額なので定年時に取り返しのつかない差がついたことがわかります

              • 額が問題なのでなくて、退職金というシステム自体に文句がある人が一定数居るということだと思うんですが

                • いや総額で比較すべきしょ。 総額で公務員の待遇は中小企業より良すぎる。 あとネオリベはやたら年俸制とかいうけど、年俸制は税金の分損するだけだよ。

                  • 他の人が、一人でも幸せになれるのに。足を引っ張ってどうするの?安月給1人でも増やしたいの?それなら、ひとりでも給料上がっていけばいい。

                    • トリクルダウンは欺瞞なので足を引っ張るのは当然なのでは。

                  • 損をしてでも自分は年俸のほうがいいとかいう人が居ても別にいいと思うけどなあ 上で言ってる人は、個人的にはこういう待遇のほうがいいってだけで全部の会社そうしろっていうよう...

                    • そんなこととは言い難いが、税制について議論する時間で、仕事を少しでも前にすすめたいと思わないサラリーマンが多い国。ということについて少し考えてみるといいと思う。 税制は...

              • ない。以上。

    • 調べてないからでは? 「世間一般」のイメージによる非難なんて大して調べてないことのほうが多いと思う。

      • 調べてすぐ中小零細とは比べものにならないくらい良いことがわかります

    • 「中小零細と比べて」という勝手な前提付け足してる馬鹿がいるの笑える

      • 統計をみればわかることだが、ほとんどの労働者は中小企業に勤めています。

        • まず公務員は、旧帝大や早慶卒でも人気就職先であって、入るのもそれなりに難しいです 公務員が高給などと言っているのは、医者の平均年収が中小零細企業より高いことに憤っている...

          • いえ。 中小企業よりノンキャリ地方公務員の待遇は良いですよね。

            • 中小零細なんてノンキャリでも行けない層の人材ぐらいしか来ないとこも多いんと思うんだけどなあ 大企業レベルの人材がほいほいくるような例外的なとこを基準にしてるんだとしたら...

          • いや、去年までは景気が良かったことが原因で単純に待遇を求めた層の公務員志向は低迷してたよ 氷河期限定求人とかですら想定より応募が集まらなくて驚かれたりしてたし

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん