2010-07-09

http://anond.hatelabo.jp/20100709002840

技術の極限と言えば人間のような知的生命体の創造だよ。或いは 2010のHALL。

みんな生物機械じゃないと思っているようだが、生化学生物工学勉強する人間に言わせれば、人間だって機械の一種だ。有機的な機械である人類自分自分メンテしながら生きてるんだから、人間程度に人の手を必要としない機械だって(人類が滅ばない限り)いつかは作り出せるさ。

記事への反応 -
  • 勘違いしてはならないこと

    近頃日本脱出だの英語がどうの、という話題が一部はてなーで持て囃されている。 その背景には日本文化の軋轢に嫌気が差したり、日本の将来は墜落しかないと早々と諦観したりと、思...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100708205752

      農耕の発達以降、それまでよりは平均的な努力の量は減っているのでは。

      • http://anond.hatelabo.jp/20100708214529

        そりゃあだんだん便利になってくるんだから、ひとつのことに注力する、その総量は平均的には減るでしょ だからといって、努力しなくてもいい時代が来るわけじゃない。 それは永遠...

        • http://anond.hatelabo.jp/20100708222907

          うーん、本当かな。 例えばすべての作業をロボットが行うような世界になったとしても 人間の労働量は大きいのだろうか?

          • http://anond.hatelabo.jp/20100708233849

            それは極論だね。 ロボットをロボットが修理する時代になっても、その枝を辿っていけば必ず人間がいる。人間不在の人工的な文明など停滞の後に崩壊するだけ。 そしてそれを整備す...

            • http://anond.hatelabo.jp/20100709002840

              技術の極限と言えば人間のような知的生命体の創造だよ。或いは 2010のHALL。 みんな生物は機械じゃないと思っているようだが、生化学や生物工学を勉強する人間に言わせれば、人間だっ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100708205752

      努力なんて眼に見えないもはの評価しようがない。成果を上げた人、競争に勝ち残った人達が幸せになるのは今でも大体そうだ。 真面目に単純作業を淡々とこなして生活が出来ないのは...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100709001342

        評価されるために努力をするんじゃない。生きるために努力をするんだ。自分の生活を満足させるためにね。人を使って自分が楽するのは努力なしに構築できる環境ではないし、12ドルで...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100709004513

      http://anond.hatelabo.jp/20100708205752の書き手より >ちなみに、上手くいっている社会では生活するのに努力なんて必要ない。 >評価されるために努力をするんじゃない。生きるために努力を...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん