2008-07-02

http://anond.hatelabo.jp/20080702181715

物理的基盤の話は計算機本質とは必ずしも関係ないでしょ。

真空管リレー、パラメトロンでまったく論理的に等価なものが作れるわけだから。

歩留まりの問題とか速度の問題で、たとえば Linux を動かせるようなものは作れないけど、

命令セットとしては掛け算割り算が1命令でできない(配線がつらい)、浮動小数点演算

できない(表引きができるほどのROMが用意できない)程度の違いしかないはず。

記事への反応 -
  • 本日の情報の授業:アセンブリ言語の処理あれこれ

    プログラムを学ぶ上での一番根源的なものとしてアセンブリ言語が扱われることってわりと多いように思う。 便利なプログラムもコンピューター内ではこう処理されてます、とか。 だけ...

    • Re: 本日の情報の授業:アセンブリ言語の処理あれこれ

      ええー アセンブラやる前ってまず論理回路やって半加算機やって…って順序をたどってからやるだろ。普通。 単に授業の提供側がへったくそなだけなんじゃん?

    • http://anond.hatelabo.jp/20080701213733

      プログラミングの楽しさや便利さはその別の言語を通じて学ぶことになるのだし、じゃあアセンブリ言語を学ぶ意義ってなによ。 昔は、必要に迫られて使ってたんですよ。 CPUも遅かっ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080701213733

      クロック数えながらの最適化が楽しいんだよ。それだけ。 それも10年前の話で、K7やP6のあたりから同期/不同期で複数演算コアが同時に動くので見かけ上0クロックで終了する命令なんか...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080701213733

      アセンブリ言語は構文が単純な(1行1命令)為、m4 のようなマクロプロセッサがあればとりあえずアセンブルの真似事はできるという点が重要な気がします。 (じっさいそういう本があったは...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん