2008-06-09

友人に勧める本のこと

最近友人が「読書を始める!」と言い出したので、嬉々として本を貸している。ちなみに彼女希望は、「文庫で/設定が難しくない/SFとかファンタジーじゃない/短い長編か/短編集/文章が読み易くて/ハッピーエンド」である。なかなか難しい。短編集か短い長編のあたりが特に。

一応一冊目は伊坂幸太郎の「死神の精度」を貸してみた。次は瀬尾まいこの「優しい音楽」と「幸福な食卓」。その次は古処誠二の「UNKNOWN」。この辺りで、「オチがある話が好きなのかもしれない」と言い出したので、加納朋子アリスシリーズ/乙一/若竹七海の連作短編もの/倉知淳の猫丸先輩シリーズ、と貸してみた。

実はこの後が思いついてなかったりする。恩田陸の「光の帝国」「ネバーランド」「木曜組曲」あたりかなぁ。森岡浩之の「夢の樹が接げたなら」とか読んで欲しいんだけどSFだから無理だろうなあ(ハッピーエンドとも言い難いし)。

彼女は全然小説を読まない人だったので、私が貸している本の種類が偏っていることを知らないと思う。普通江国香織とか唯川恵とか吉本ばななを薦めるのかもしれない。でも私は彼女に最終的に「銀河英雄伝説」を読ませることを企んでいたりする。このことをちらりと母に言ったらば、アルスラーンから攻めたらよいのではないか、という助言を受けてしまった。ファンタジーじゃないから、といってアルスラーンを読ませるのと、SFじゃないから、といって銀河英雄伝説を読ませるのはどっちがひどいだろう?

というか、そもそも長さ的にNGだし、オチ好きってところがミステリ向きっぽいから銀英もアルスラーンも違うな、と思う次第。「ハサミ男」とか島田荘司とかか。西澤保彦は「開いたとき黒すぎて嫌だ」と拒否を食らったしな……

次は何がいいだろう?こうやって貸す本を考えるのはなかなかわくわくして楽しいことだと再確認している。

  • http://anond.hatelabo.jp/20080609093144

    数は少ないけど宮部みゆきの短編も面白いと思う。 地下街の雨が面白かった気がする。読んだのがかなり前なので、オチがあったかについてはちょっと自信無い。

    • anond:20080609101614

      好きな宮部の短編は サボテンの花 (我らが隣人の犯罪に収録) 個人的に、他の作家含めて最高の短編の一つだと思ってる。 元の方の話をすると、 銀英伝に行くためなら、布石とし...

    • 続・友人に勧める本のこと

      宮部みゆきがありましたね!そういえば。とりあえず「我らが隣人の犯罪」かな。オチもあるし。わりと明るいし……http://anond.hatelabo.jp/20080609120128でもおすすめ頂いたし。発掘してこなけ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080609162710

        米澤穂信をオススメした増田です。 米澤穂信は重くて好きじゃないって人多いと思うんですが(というか自分)、「春季限定いちごタルト事件」は 甘いものが大好きな女子高生と、適...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080609162710

        一番大切な条件を忘れていました……"カタカナ名前は無理。海外翻訳&カタカナ名前はもっと無理"なのです…… それは残念。 でも、『チップス先生』は、少なくとも人の名前を覚...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080609093144

    つ「春季限定いちごタルト事件」米澤穂信  ミステリというほどミステリじゃなく、さわやか軽めでハッピーエンド。続編はアンハッピーエンドなのでお薦めしません。

  • http://anond.hatelabo.jp/20080609093144

    モンゴメリ作・村岡花子訳『赤毛のアン』(新潮文庫) # ISBN-10: 410211341X # ISBN-13: 978-4102113417     ヒルトン作・菊池重三郎訳『チップス先生さようなら』(新潮文庫) # ISBN-10: 4102062017 # ISBN-13: ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん