2008-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20080220152207

もう前の人たちに散々言われてるみたいだけど、それは彼個人じゃなくて組織ダメだよ。

っていうか一般企業の人の中に、誤字脱字に関する基本的な認識が間違ってる人がいる気がする。

以下の3つは常識にしておいていい。

  • 人によってバラつきはあるだろうけど、どれだけ気をつけても人間は誤字る。実感ベースでは一桁〜コンマゼロゼロ桁%。
  • プロ校正者でも1人で発見できる誤字脱字は7割程度とされる。30%は誤字のママ残る。
  • チェックを重ねることにより30%を0.3×0.3×0.3×……で0に近づける。これが校正

つまり作った文書を誰にもチェックさせず、どこかに出そうなんて狂気の沙汰だし(誤字っててもいいならOK)

1段目、2段目のチェックで誤字が見つかったら、それは幸運だったと感謝して、ただ粛々と修正すべきなんだよ。

人はどうしようもなくミスをする。それをできるだけ小さくするのが組織であり

誤字の率とコストをどこで折り合いつけるのか判断するが普通企業なんじゃねーの。

あと補足的な校正常識

  • 目立つところの誤字ほど最後まで残る。タイトル見出し、目次、氏名などなど。「こんなとこ間違うわけない」と無意識に思ってる箇所がいちばん危ない。
  • 版の管理がいちばん重要。修正は面倒でも紙に記入でまとめて、データを触るのは1人にするのが理想。でもやっぱり混乱は起きるので覚悟しておく。
  • ペアプロじゃないけどペア校正がいちばん精度が良い。どうしても間違いを無くしたい文書では一人が音読して、一人が文面を追う。
  • 厳密な用語としては、「校正=誤字脱字の直し」「校閲事実確認、意味論的な修正」。レベルの違う仕事です。

校正記号の統一なんて飾りです! 偉い人にはそれがわからんのです

記事への反応 -
  • http://anond.hatelabo.jp/20080220211138

    おおーおもしろいデータありがとう! そう、校正段階になると本文よりも見出しなんかにでっかい間違い残りっぱなしになることが多いんだよね。 「ここに見出しが入ります」とかアタ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん