2007-01-18

MTASCFlash Lite 2のSharedObjectを使う

Flash Lite 2.x ActionScript Language Reference > ActionScript classes > SharedObject

http://livedocs.macromedia.com/flashlite/2/main/wwhelp/wwhimpl/common/html/wwhelp.htm?context=LiveDocs_Parts&file=00000749.html

Flash Lite 2.x ActionScript リファレンスガイド > ActionScript クラス > SharedObject

http://livedocs.macromedia.com/flashlite/2_jp/main/wwhelp/wwhimpl/common/html/wwhelp.htm?context=LiveDocs_Parts_wEcute&file=00000749.html

アプリケーションが要求したときに、データをすぐにデバイスから利用できるようにするため、

Flash Lite 2.0 では、リスナーを設定する必要があります。

との事なのでMTASCの↓に

(インストールフォルダ)\std\SharedObject.as

↓の行を追加する

static function addListener(objectName:String, notifyFunction:Function) :Void;

でサンプル

class SharedObjectRei
{
	static function main ()
	{
		var sor : SharedObjectRei = new SharedObjectRei (_root);
	}
	public function SharedObjectRei (mc: MovieClip)
	{
		mc.createTextField ("tf", mc.getNextHighestDepth () , 0, 0, Stage.width, Stage.height);
		mc.tf.text = "SharedObjectRei\r";
		
		SharedObject.addListener ("Prefs", loadCompletePrefs );
		// 共有オブジェクトを作成することができる
		var Prefs : SharedObject = SharedObject.getLocal ("Prefs");
	}
	function loadCompletePrefs (mySO : SharedObject)
	{
		if (0 == mySO.getSize ())
		{
			// サイズが 0 の場合、データ初期化する必要がある
			mySO.data.name = "Sigismund";
			mySO.data.email = "siggy@macromedia.com";
		} 
		else
		{
			// mySO のすべてのデータトレースする
			_root.tf.text+= "Prefs: " + "\r";
			for (var idx in mySO.data)
			{
				_root.tf.text+= " " + idx + ": " + mySO.data [idx] + "\r";
			}
		}
	}
}

コンパイルは↓を参考に

ActionScript 2.0メモ

http://www.saturn.dti.ne.jp/~npaka/flash/as20/index.html

  • haxeでFlash Lite 2のSharedObjectを使う

    MTASCでFlash Lite 2のSharedObjectを使う http://anond.hatelabo.jp/20070118224057 ↑に「リスナーを設定する必要があります。」とあるのでhaxeの↓に (インストールフォルダ)\std\flash\SharedObject.hx ↓を追加...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん