2006-12-24

[] 

何年か前のクリスマスの日に親を亡くした友人がいた。

その訃報を聞いたとき不謹慎だけど、なにもそんな日に逝かなくてもいいのにねと思った。

後になってから、ああ、人の人生ってのは人の都合でうごいてるんじゃないんだな、なんて事をしんみり感じた。

それから毎年、12月の周りが賑やかでハッピーそうな時期になってくると、必ずしもクリスマスは万人が喜びをもって迎えるものではないのだな、(恋人がとか一人で過ごすのがとかそういう意味じゃなくてね)と、思う。

友人にとっては、これからはもうクリスマスは単にクリスマスでなくて、親の命日なんだ。

久々に会った友人はそんな気配も微塵も見せず元気そうにクリスマスを祝っていた。

万人に幸せが訪れるなんてとうてい考えてないけど、私はそういうことを願いたいと思ってる。

万人でなくても一人でもほんの少しでも小さくても幸せみたいなものが訪れますように。

メリークリスマス

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん