2010-07-02

法人消費税ってどうよ?

最近消費税上げなきゃ財政がもたんとか、逆進性だからダメだとか、

一方で法人税を下げるべきだとか、そんなのカネモチ資産家優遇だからケシカランとか、

ビンボな人には、消費税払った分だけ還付するだとか、いやいや食料品は軽減税率だとか、

いろいろ言われてるじゃないっすか。

 

そんな昨今、経済学政治学もまともにやったことのないタダのシロート俺様が、

いいアイデアを考えついてあげたぞよ。

 

法人がモノやサービスを買ったときの消費税だけ増税するのだ。

簡単に言うと、法人名義で領収書出すような場合だけ、消費税10%とか15%とかにする。

 

一般の会社だけでなく、いろいろ無駄支出してそうとか疑惑の多い公益法人とか

宗教法人とかその他モロモロのお買い物も対象ね!

会社の経費で落とせるからって言って、けっこう高いモノでも平気で買ったりする

中小企業経営オヤジなんかからも、たんまり消費税取れるし(笑)。

 

還付だの複数税率だのめんどくさいことやるんだったら、個人と法人消費税率

分けるんだって、たいした違いじゃないように思うし。

 

...ていうようなこと、オレの知る範囲じゃ誰も言ってなかったと思うんだが、

こんなん一考にも値することないダメダメアイデアなんだろか?

それとも、もしかしてオレって天才?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん