2010-06-06

たまに、恐ろしい劣等感に押しつぶされそうになる

学力とか、知識とか、努力で手に入るものには羨望を覚えないけれど

自分の好きなこと、趣味を極めて、その分野でトップとはいわないまでも周りに評価されるレベルのひとたち

彼氏がそうだからか、類友状態になっているのだろう、そんなひとが私のまわりにはたくさんいる

私、好きなことはあるけど、続けているけど、他人に(それも多くの人に)評価されたことはあまりない

彼らの多くは、言っちゃ悪いが私よりバカだし、学歴もない

でも、そんなことは彼らの才能にはまったく関係ない

いままでわたし、何をしてきたんだろう

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん