2009-11-19

ディズニークリスマス・キャロル を見てきました。

最近フル3Dづいているゼメキス監督が、これまたフル3D

不朽の小説アニメ化しました。

のっけからなんですが、それほど面白いって話でもないっす。

脚本いまいちノレないし(主人公の心の動きが納得できない)

演出もどうもボンヤリしています。

思うんですが、ゼメキス監督は、あまりアニメ3Dであっても)に向いていない

監督じゃないんですかね。

この人の作るのは、基本的に実写特撮レイアウトなんですよね。

ポーラー・エクスプレスベオウルフでもそうだったのですが、彼はアニメ特撮の違いがわ

かってない。

アニメは基本的に「なんでもあり」なんですよ。

簡単な絵と想像力で空間を構成するんですからね。

だから「うわっ、こんな事できるんだ!」という映像マジックは非常にやりづ

らいと考えなくてはならない。

その分、アニメ純粋に動きや、絵画としての「絵」そのもので楽しませないと

ダメなわけです。

この映画レイアウトも、実写映画なら数倍は面白くなったろうと考えざるを得

ません。

アニメはチープな特撮ではないのです。

ちなみに3D上映でしたが、立体映画はまだまだですね。

輝度が低すぎて映像体験としての価値が低いです。

来年あたりはもう廃れていないかと非常に心配になりました。

アバター」の前売りも買っていますが、2D上映を見に行こうと思います。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん