2009-08-04

規制反対派の有志は意見広告を作るべき。

規制反対派の署名運動署名TVとかでもよく見かけるし、

創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名市民有志

http://www.savemanga.com/


なんかもよく知られているけど、署名運動だけやっても規制反対の声はなかなか届かないと僕は思うんだ。

なぜって? そりゃあ、一般の人々が問題点を知らないからだ。

問題点を知らないなら、一般人規制に賛成してしまうのも無理もない話だってんだ。

僕はオタの内輪話に矮小化されるのを避けるべきだと思う。

そこで、僕は提案したいのだが、みんなでお金を出し合って、

規制反対の意見広告を作ろうじゃないか!!

今まで、意見広告護憲派平和団体などによってしばしば作られてきたし、

最近ではすぎやまこういち氏らが、慰安婦決議に対抗して"THE FACTS"を作ったのも

記憶に新しいところです。

"THE FACTS"に対する賛否は分かれるところですが、僕が意見広告を載せるべきだという

着想を得たのは"THE FACTS"がきっかけ。

"THE FACTS"は明らかに失敗だから、それを反省に、

多くの人々に知ってもらえるような広告を作るべきだと考えている。

同人には、MIAU関係者保坂展人氏なんかが適任だと思う。

あと、一般人にも割と受けそうな社会的地位がある人がいいと思う。

最大のネックはお金がかかることだが、みんなで努力すれば集まると思います。

護憲派の団体が半月あまりで500万円以上集めたという話も聞きました。

拉致問題意見広告運動は1800万円以上の募金を集めたそうです。

他の人にアイデアを出さなければ、意見広告掲載が実現する可能性はゼロのままだ。

今、僕がこの日記を書いたことで少しでも意見広告掲載が実現する可能性が上がることを期待する。

さあ、意見広告を作り、多くの人々に問題点を広めよう!!

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん