2007-11-15

最古の小説ねえ

anond:20071115180445

日本最古は竹取物語だろ?あんた学校で何習ったんだ。

まあ物語というのは基本的に「語り」というだけあって、口承文学で基礎ができていたから、最古を決めるのは非常に難しいが。

でも小説ってのは活字文学ジャンルのことだからね。その最古が悪文であったかどうかはわからないよ。

何せ、小説という概念が生まれる以前から、いろいろな物語がつむがれていただろうし。

それらを受容してきた世代の中で、文字を書けるほどの教養があった人物が、それほどおかしな小説を書き上げるだろうか。

記事への反応 -
  • 世界最初の小説、を考える

    まず、確実に読みやすくはないだろう。 視点は固定されていないだろうし、あちこちの描写に齟齬があるだろう。 構成なんて無いに等しいだろう。 内容は完全な創作ではない、おそらく...

    • http://anond.hatelabo.jp/20071115174325

       ちなみに世界最古の小説は源氏物語だと思っておけばほぼ間違いない。  というわけで日本文学の最高峰。  ちなみに世界最古の物語はイリアスだと思っておけばほぼ間違いない。 ...

    • 冗長

      ほうっておけばいいじゃないか。 その一言を言いたいがために延々と脳内妄想を書き連ねなくても http://anond.hatelabo.jp/20071115174325

    • http://anond.hatelabo.jp/20071115174325

      国際社会では「より良い発展」のためにお節介をかけまくる人種が、 実質世界の支配者になってるから困る。

    • http://anond.hatelabo.jp/20071115174325

      世界最初の「物語」だったら小説よりも講話的なものになるんじゃね?

    • http://anond.hatelabo.jp/20071115174325

      他はともかく、これはどうかね? まず、確実に読みやすくはないだろう。 視点は固定されていないだろうし、あちこちの描写に齟齬があるだろう。 小説じゃなくても、何かを伝える...

      • http://anond.hatelabo.jp/20071115175212

        視点の固定ってそんなに大昔からあった技術だと思えんけどなあ。

        • http://anond.hatelabo.jp/20071115175735

          おまえ自身も体験談的と書いてるが、俺もそうじゃないかと思う。 文章として構成というよりは、口で伝える形式のものだと思うが。 そこで、もっとも単純な自分の体験談を語ることを...

          • http://anond.hatelabo.jp/20071115180035

            すまん、増田違い。 「自分の体験談」として語ってる分には視点のブレはなかったかもしれないけど 三人称が使われるようになった後にも視点の統一が意識されてたとは思えないんだけ...

          • http://anond.hatelabo.jp/20071115180035

            そのまま体験談として書くんじゃなく、ちょっとばかし客観的に書くときには、けっこうブレると思う。 少なくとも「視点は統一すべし」といった不文律はなかっただろう。

    • http://anond.hatelabo.jp/20071115174325

      現行の文学と異なる発展を遂げたあと、数の力で現行文学を駆逐して文学界の新たな旗手となり、それ以後文学といえば「ケータイ文学」を指す用語に。今までの文学は「旧文学」として...

    • http://anond.hatelabo.jp/20071115174325

      つうか、現存している物語が、当時の社会によって矯正されたものではありえないって前提はどうして成立するんだ? 今の世の中だって少し先の未来だって、カプセルにエロゲを封じ込...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん