2007-05-15

崩壊への家庭

母殺害の高3男子 学校精神的に不安定」

http://www.news24.jp/83950.html

 その後、男子生徒は15日午前9時40分に、会津若松署内で、殺人の容疑で緊急逮捕された。男子生徒は「15日午前1時半ごろに母親を殺害した」と供述しており、「世の中から、テロ戦争がなくなればいい。殺すのは誰でもよかった」などと話しているという。

 15日午後には、事件現場間取りが公表された。また、男子生徒が通っていた高校が会見し、最近学校休みがちで、今年4月以降、5日間しか出席していなかったことを明らかにした。さらに、学校としても精神的に不安定だったことは承知しており、先月27日には、学校関係者が男子生徒に面会しようと自宅アパートを訪れたが、不在で会えなかったという。ただ、このような事件を起こすことをにおわすような言動などは見られなかったという。

結局の所、少年精神的な疾患の兆候が見られたのに学校と地域の期待の板ばさみになって苦しんだ挙句に

最悪な形で出てしまったという感じがしないでもない。少年実家のある所ではまさかご子息が精神的な病を

患ってると判った途端に村八分になりそうな地域、つまりカミングアウトし辛い所だしなあ。

しかし、マスゴミは自分たちが子供如きにに殺されたくないとばかりに背景と言った部分を

都合よく無視して若者憎悪をひたすら煽る報道をしでかすんだろうか?。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん