2020-11-17

記事への反応 -
  • なんかね、忙しいっぽい人、はさ、なぜか、話す時の、そのまま感を出そうとしてるのかな、なぜか、句点が、多いよね。頭悪いのに、頭良いフリしてる、ことの、良い特徴量に、なら...

    • 話すときの、そのままのニュアンスを、書き言葉で表現したいなら、句点の多用は、正しい判断と、言えるのではないでしょうか。

      • 議会答弁(カンペ持ち)じゃねーか!

        • アベちゃんだと、思われている、かもしれませんが、えー、そういうわけでは、ないのでありまして、つまり、アベちゃんでは、ないのでございます。

          • 国語の授業での教科書音読とかでも文章の意味に沿った抑揚ですらすら読める子と安倍ちゃん読みする子にわかれるよね

      • 自分もよく間違えるけど句点ってまるの方だよ

    • 改行 or 分かち書き or 句読点多用かで迷うことはあるやで

      • 文章構造がきちんとしていればそもそもたくさん句読点を使う必要ないのだが

        • でもほら、 文法はさ、常識や慣習といっしょで、 時代に沿って変化していくから。。。

    • 母は笑いながら学校に行く娘を見送った 母は、笑いながら学校に行く娘を見送った 母は笑いながら、学校に行く娘を見送った ぜんぶ、おなじだとか、おもわない、ちせいのある...

      • それはそうと 年末調整の用紙の文面、あそこまで読みづらくする必要性は無いとおもうんだ。。。

      • 2番目は1番目と情報量変わっていないけどね……。

        • 一番目は「どっちとも取れられてしまうリスク」があるんだが そういう事を考えられる知性は大切だぞ

          • 2番目もどっちとも取れるよ 母は、笑いながら学校に行く娘を見送った この切り方だと「笑いながら」は動詞「見送った」もしくは「行く」にかかっていて、「笑いながら見送った」...

            • うんうん、句読点が増えていくな 知性があればそうなるって事よね

              • いや、普通は2番目みたいには書かないよ 笑いながら学校へ行く娘を、母は見送った と語順を変えるのが知性が高い人です

                • 表現の幅の広さは知性の高さに反比例するということですね

                  • せやで、知性が低ければてにをはや接続詞でさえ自由に変えることが可能になる たとえば「知性を引くかったからてにをはは接続詞だから自由ではなく変えることを可能へなる」と圧倒...

                    • 知性が高くたってそれはできるだろ 君は低能なのか?

                      • 幼児の言動の大人からみての面白おかしさ的なことをいっているのでは? 突飛さやオリジナルな発想って、積み上げた知性では真に発揮させるのは困難だぞ

                  • 実際の文章では母か娘のどちらかが笑うきっかけになる出来事が記述されているはずなので、句点を入れるかどうかは知性ではなく文体の問題であることが多いですね。

                • なるほど、ちせいの高さに、句読点は関係ない説ですな

            • 「笑いながら学校」に娘が行くことを示すには読点ではなく括弧を使うしかない

            • そうはならんやろ

      • 知性のある人は句読点をきちんと使うけど知性のないおじさんは無駄に句点入れがち。無くてもいいところに句点入れるおじさん多すぎ。

      • 娘が笑っている場合 学校に笑いながら行く娘を母は見送った。 母が笑っている場合 学校に行く娘を母は笑いながら見送った。 と書くのが真に知性の高い人間

        • 「知的な障がい者」と 「知的な、障がい者」も違う意味になるよね 俺は後者だと受け取るようにしている

          • 「知的な障害者」だとあいまいだから「知的に障害がある者」と言わなければならない

        • 学校に笑いながら行く娘を母は見送った。 文法的には正しくても、日本語母語話者が実際にこのように書く/話すことはあまりない。 「学校に」と「行く」の結びつきは非常に強いの...

      • 英語と違い日本語は主語を最初にする必要がないのに、主語を最初に置くよう指導している学校教育が悪い。日本語の文章は主語と述語の間が離れるほどに理解が困難になるからだ。 1...

        • これは読み手の読解力不足 母は、笑いながら、学校に行く娘を見送った。 2番目と3番目の両方の句読点を用いた文章だが、「笑いながら」が母と娘のどちらにかかっているかがわか...

        • 本多さん口悪いぞ

          • でもまー腐っても新聞カンケー者の売文屋さんだし、テクはあるよね?

            • ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

            • 『中国の旅』にて、「2人の日本軍将校が百人斬り競争を行った」との当時の報道を紹介したことに対し、その将校の遺族3人から、事実無根の報道をされたとして、朝日新聞社等と共に...

        • 研究室で読めって言われたなこの本

    • 句点。。。の。。。。おおい。。。。おじさん。。。。。。。。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん