2017-07-05

朝靄を空に裂いた

君のその柔い手が

白銀製の帳を

容易く浚っていく

知らぬまま大人になるほど

懐かしさは残るけど

それも全部かき混ぜて

回りだす今日は綺麗だ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん