2010-08-05

池上彰風に平野綾騒動を解説

池上彰「今回、なぜ、平野綾さんが恋愛経験を語っただけで騒動になったのでしょうか?ひとりさん分かります?」

劇団ひとり「え~っと 綾ちゃんがアイドル声優だからですか?」

池上彰「正解です。その通りなんですね。では、なぜアイドル声優だから、これ程騒がれるのか解説していきましょう。

キーワードは『アイドル神話の崩壊』です。従来、アイドルと呼ばれる人はトイレにもいかない、虚像的なイメージを持っていたんです。

それが80年代に入り、おニャン子クラブの登場でごくごく普通女の子アイドルになって、この神話は崩れました。でも、もうお判りですね。土田さん?」

土田「そのアイドルの代わりに声優さんが、このイメージを持つようになった……」

池上彰「そうなんです。アニメという二次元的なイメージと密接に関わる声優さんは、虚像的なイメージをもたれやすいです。

声優は最後のアイドルだ』と言う人も少なくありません。彼女たちもこのことをわきまえて、アイドルを演じています。

その筆頭格の一人であった、平野綾さんが恋愛経験を語ったんだから、騒動になるのも当然なんですね」

柴田理恵「ああーなるほどー」

劇団ひとり「これからの声優界はどうなるですか?」

池上彰「いい質問ですね。この騒動で幻滅した平野綾さんのファンは、スフィアの四人に移行すると言われています。

彼女たちは11月武道館ライブも決定しています。言わば、ノリにノッている声優グループです。

平野綾さんの騒動が彼女たちの更なる起爆剤になることが予想されています」

劇団ひとり「あ! ハルヒからけいおんってことですか!!」

池上彰「そうなんです。ひとりさん!!いい所に気が付きましたね~ 

平野綾さんの代表作と言えば『涼宮ハルヒの憂鬱』ですね、彼女のファンの多くはハルヒからファンになったという人も少なくありません。

スフィアで一番人気と言われている、豊崎愛生さんは『けいおん!』の平沢唯役で大ブレイクしました。

土田さん、もう、お判りですね?」

土田「あーー解った、解った。京都アニメーションだ!」

池上彰「そうなんです!この現象は京アニブームの移り変わりを上手く象徴しています」

柴田理恵「じゃ……綾ちゃんはどうなるの?」

池上彰またまた、いい質問ですね~ 恋愛経験を語ると同性に好かれます。

昨晩の騒動は熱狂的だったファンを減らして、代わりにライト女性層を獲得する意図があったですよ。

これが成功したかどうかは、これからの彼女の頑張り次第です」

劇団ひとり「いやー、すごくよく分かりました」

池上彰「でも、皆さん、これだけはわかって下さい。演じるということは経験を積むということです。

普通女性のように恋愛経験が合ったほうが演技に幅が出ると思いませんか?

彼氏が居ても、居なくてもファンは一途に応援しましょうよ」

柴田理恵「そうよね。22歳で恋愛経験が無い方がオカシイわ。アタシだって、綾ちゃん位の歳で彼氏居たわよ~」

土田「ところで池上さんの好きな声優さんは誰ですか?」

池上彰「最後に答えづらい質問が来ちゃいましたね(汗)~ 

えー喜多村英梨さん、伊藤かな恵ちゃん、花澤香菜たん、スフィアの四人も当然好きですね。

あと、、清水愛ちゃんに丹下桜さん、最近は竹達さんも…」

劇団ひとり「もう、池上さん、ぜんぜん一途じゃないじゃーん」

一同「ハハハッ」

池上彰「いや〜でも、それだけ魅力的な声優さんが多いですよ〜 皆さんも好きな声優さんを見つけて素敵なボイスライフを送りましょうね。本日はここまで、ありがとうございました」

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん