2009-12-08

曽野ミニスカ論から離れよう

最近曽野綾子の記事の賛否について、はてな界隈が熱い。しかし、論点を誤ってるエントリーも多い。これは、曽野の記事がわかり難く、しかもこの短い記事の中にポイントが2つあるからであろう。このエントリーでは、曽野の記事を整理する。整理した結果、曽野ミニスカ論がひどいことがわかる。早く曽野ミニスカ論から離れたほうがよいと思う。

曽野の記事はわかり難くい。これは、記事が文学的な書き方だからだ。日本新聞記事は、文学的表現法を用いるため記者意図が伝わり難く、ビジネス文章の書き方本等では酷評されている。曽野の記事もその一つである。

しかも、曽野の記事にはポイントが2つある。以下にそのポイントを挙げる。

ポイント

議題:太ももの線丸出しの服を着て性犯罪に遭ったと時、女性の側にも責任があるか?

結論:ある。

理由:太ももの線丸出しの服を着ることは、性犯罪を期待しているからだ。

ポイント

議題:性犯罪を防ぐために、若い女性の行動を制限するべきか?

結論:ある。

理由:それが世界常識だからである。

理由の補足:アラブ保守的な国とフランスを例に挙げる。

ポイント1の理由は、セカンドレイプと言われ、抗議うけても文句は言えない。曽野綾子に言わせると、太ももの線丸出しの服を着ることは、性犯罪を期待しているらしい。期待というのは、

よい結果や状態を予期して、その実現を待ち望むこと。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/44951/m0u/%E6%9C%9F%E5%BE%85/

であるから、太ももの線丸出しの服を着ることは、性犯罪の被害にあうことを待ち望むことらしい。そして、ポイント1の理由を補足する記述はない。ポイント1の理由は、セカンドレイプと言われ、抗議うけても文句は言えないだろう。

ポイント2の理由は、弱い。みのもんた番組2chでよく見られる、「常識的に考えて(jk)」理由にするのは幼稚であり、理由としては弱いといえよう。しかし、産経新聞みのもんた番組と同レベルだと考えれば、許されることなのかもしれない。

ポイント1・ポイント2の結論に関しては、意見が分かれることだろう。これについては、飽きるまでうんこの投げあいをすればいいし、実際、今はてな界隈で行われている議論の大半はポイント1・ポイント2の結論に関するものである。

しかし、ポイント1・ポイント2の結論に関する議論を曽野ミニスカ論などとするのは、どうかと思う。曽野ミニスカ論には、致命的な欠陥「太ももの線丸出しの服を着ることは、性犯罪の被害にあうことを待ち望むこと」を含んでいるため、議論にならない。大半の人間が曽野ミニスカ論に反対するだろう。

今後は、曽野綾子からはなれて、「太ももの線丸出しの服を着て性犯罪に遭ったと時、女性の側にも責任があるか?」「性犯罪を防ぐために、若い女性の行動を制限するべきか?」を議論すべきだと思う。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん