2009-10-22

37歳まで童貞だったので魔法が使えた

女の子に興味がないわけではなかった。

ただ、オクテだった。

それと、モテなかった。しゃべらない男はモテない。

だから、高校は男ばかりのとこに行った。そうすれば、ひとつ言い訳が出来る。

「まわりに女の子がいないから」

就職した後は、こんな風に言い訳した。

「本当に好きでない人とは付き合えない」

二十歳過ぎても童貞だった。言い訳

「本当に好きでない人とはセックスできない」

声には出さず、心の中で自分言い訳した。

家庭の事情を理由にして、

結婚なんてロクでもないこと」

貧乏性なので趣味はないけど、

「一人でいるほうが好きなことできるし」

子供時代、貧乏だったので、金を使わない癖がついていた。

金貯まりすぎたので、家を建てた。

苦労した母のため。

結婚する気はなかった。

ここまで来たら、一生独身だな、と思った。

そうしたら、好きな人が出来た。

自分幸せにしてあげたい、と思った。

デートに誘って、告白した。

意外にもOKだった。

その場で、一年経って付き合ってたら、結婚しよう、と言った(今考えると、これはどうかと思うが)。

いつの間にか、赤ちゃんまでいる。

魔法は結局なんだろう?たぶんこれだ

「今更、フラれて傷つくような年じゃないし」

37年経っても、使える魔法はこんなもんだ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん