2008-11-18

http://anond.hatelabo.jp/20081118225445

※再投稿されたようなので、リンク修正した(11/18/23:05)

正直、「アニメオタク害悪論を今更説き始める人もどうかと思うよ・・・。

言葉の使い方が乱暴すぎやしないかな?

しかし、アニメオタク萌え絵以外の絵柄のアニメを「絵が変」と言って嘲笑し、批判する。ここがアニメオタクの一番の問題点であり、私が害悪と言い切る理由だ。

アニメオタクの人を見ていても、この表現があんまりピンとこないんだよね。括弧つけた『アニメオタク(笑)』というような意味でならそれなりに理解可能ではあるものの、はっきりした定義も示さずに「アニメオタク」なんて言葉を使うのにはあまり賛同できない。てかさ、中度??重度のアニメオタクであれば、元増田が言うような問題意識って、ある程度共有しているんじゃないかな。

それと、「動かす」という目的に沿ったデザインを評価し、その目的と対立しがちな「萌え絵」を批判するというスタンスは理解可能なんだけど、「だから、(元増田定義する)アニメオタクアニメにとって有害存在である」みたいな話にするのって、どうなの。問題提起としては分かるよ。「動かしているアニメ」を嘲笑するようなアニヲタアニメをより狭苦しいものに押し込めてる、ということなら。でもさあ、増田の言い方だと、なんか萌え絵存在そのものに否定的な香りが感じられてげんなりしちゃうな。いいじゃない、別に。萌え絵アニメやったって。っていうか萌え絵を動かすことが技術的に難しいからこそ、それを動かそうとすることがアニメーション限界への挑戦だ、という風に受け取ることも出来るんじゃないの。そこで萌え絵批判しなくてもいいじゃん、別に。

元増田の文章からは、萌え絵原理主義的なアニメオタクとは別ベクトル排他性を感じてしまう。意識的なのか無意識的なのかは分からないけど、そういう姿勢が「アニメ進歩」に繋がるものなのかどうかはもう一度考えてみた方がいいんじゃないかしら・・・。自分アニメを真に愛しているという自負があるんならさ、偏狭なアニオタ排他性だけじゃなく、自分自身の排他性にも目を向けてほしいなあ。

※追記

なんか書き終わって投稿したらもう元増田削除されててがっくりきたわ。

アニメ愛してるっていうならさ、もう少しぐらいは粘り強く話をして欲しかったわ。

ほんとがっくり。

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん