2008-08-15

漫画の読み方

速読ってあるじゃん小説を早く読める技術

あれ、別に適当に読んでるわけじゃなくて、早く読む上に内容をしっかり理解してるんだってね。

訓練すれば誰でもできるとか。そういうの聞いたことがある。

てか、趣味読書だと言う人って大体読むの早いよね。慣れてるからかもしれんけど。

で、そういう人に限って漫画を読むスピードが異常に早い。

コナンみたいなセリフだらけの漫画でもスラスラ読んでいく。

でも、それってどうなの?

個人的に漫画を読むってのは脳内アニメ再生されるっていうイメージなんですよ。

だからそのアニメスピードを越えて漫画を読むことはないわけで。

というか越えて読むと感動というかそういうものが無くなるわけで。

例を出すと、ジョジョの3部でアブドゥルさんがヴァニラ・アイスにぬっ殺されるシーン。

柱にかけた手のところに落書きがあるんだよね。

「この落書を見て振り返った時、お前は」

まで読めて、残りの部分は自分の手が隠してる。

その落書きが何回も描かれて、おなじみの「ゴゴゴゴゴ」っていう音で盛り上げる。

で、ゆっくり手をのけてみると出てきた文字は

「死ぬ」

このシーンって、たぶん読むのが早い人は1秒ぐらいなんだろうな。

でも、こういうシーンには10秒ぐらいかけるのがいいと思う。

ゴゴゴゴゴを一文字ずつ読むぐらいの気持ち。

だからこそ、あのシーンの緊張感が生まれると俺は思う。

1秒で読んだ人は同じ緊張感を得られていないと思う。まぁ、一生分からん問題だけど。

もちろん、早く読むほうが効率的だってのはよく分かる。

最初に書いたみたいに速読みたいに内容の理解に差があるとは思えない。

けれど、論文とか随筆はそれでいいとして、小説漫画のような物語を綴るものはゆっくり読むべきじゃなかろうか。

早く読むことで数多くの作品に触れることができるだろうけれど

大事なのは触れた作品の数じゃなくて、その作品をどれだけ深く理解できたかじゃないのかな。

まぁ、あと漫画速読しちゃう人って、このコマがカッコいいとか全然覚えてないよね。

ワンピースで黒ひげが「人の夢は終わらねぇ」って言ったコマとかさ。

火の鳥の復活編の主人公(名前なんだっけw)が鉄工所から悲しそうに歩いて行く後姿とかさ。

ジョジョだとドッピオが服脱いでディアボロになるシーンとかさ。

サンプル少ないから偏見なんだけどね。

  • http://anond.hatelabo.jp/20080815111429

    うん。偏見。 早く読んでもちゃんと早く理解してるから。

  • http://anond.hatelabo.jp/20080815111429

    その場で楽しむのもいいけど、自分は読むときは続きが気になるから早く読んで、 読み終わってから何度も反すうする派。 下手すると2時間くらい「あああああ、よかったなあああ…」と...

  • 少女漫画の読み方

    http://anond.hatelabo.jp/20080815111429 そういう歌舞伎風「ため」も結構好きだけど 基本的には「心理を読む」のが好き。 将棋で早指しもあれば長考もあるように 作品や場面によって読み方変え...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080815111429

    人それぞれ読み方もあるし、固有のスピードがあるわけだから、偏見だと思うけど。 そういう感じ方もあると言う事を忘れてはいけないとは思う。 たまにはゆっくり読んでみるとかね。...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080815111429

    好きなように読んだらいいと思うよ。 アニメを沢山録りためて倍速再生で見る人も居るしさ。 ちなみに速読すると大体の場合理解度は下がります。

  • http://anond.hatelabo.jp/20080815111429

    速読=無感動じゃないよ→元増田の偏見だー、といってしまうと、ちょっとかわいそう。 漫画読み慣れている人は、記号に対しての反応がいいんだと思う。 僕は実際には脳内アニメ再生...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080816083556

      それはたぶん漫画における記号やら文脈やらを拾う慣れの違いと、 さらに拾った記号やらを脳内メモリーで再構築することの速度の違いなんだと思う。 同意。 3倍の速度で読んで、...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080815111429

    RPGで村人の話を聞かないで先へ進める人がいるんだ。なんかもったいないと思う。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん