2008-02-18

英会話プロパガンダ指南

http://blog.tatsuru.com/2008/02/17_1252.php

ウッチーせんせ痛恨のエントリ

小学生英語教育は必要か?

曰く、必要無い。

檻の中に閉じ込めちゃうような外国語教育なんてこまったちゃんなこと言ってる役人の多い事。

そんな教育押し進めたら、日本人みんな、Native English Speakers搾取されちゃうぞーってこと。

されど、エントリー意味のわからないこまったちゃんの多いこと。

曰く、もっと流暢に英語をしゃべれる教師を。

曰く、母国語がちゃんとできないのに外国語を覚えてもだめ。

曰く、

わたしも仕事外人エグゼクティブ英語で議論する機会はあるが、さして語学力などハンディにならない。話の中身の方がずっと重要だ。ちゃんと考え抜いて適切な情報を持っていれば、大事なことは簡潔な表現で説明できるのである。ややこしい表現が必要なのは、逃げたり誤魔化したりする時だ。僕が英語力のなさを嘆くのも、相手が逃げようとした途端に相手の言ってることを理解できず、反論できなくなってしまうことである。それはそれで悔しいが、小学校英語勉強していれば反撃できたとは別に思わない。

雑種路線でいこうhttp://d.hatena.ne.jp/mkusunok/20080217

おまいら、頭の出来がおめでた過ぎwwww

何語でしゃべるかではなく、何をしゃべるかだってよwwwww

外国語はツールでしかない、だってよwwww

ウッチーせんせのポイントはそんなとこではない。

ウッチーせんせは先ず以てオーラルに重点を置いた英語教育を嘆いていらっしゃるんだよ。

何故でしょう。

何故なら、ニッポン人は一生英語でNative English Speakersを言い負かせないからだ。

書くんじゃないよ、しゃべるんだよ。

おまいらの頭のできがおめでたいのは、内容さえしっかりしていれば、相手に伝わるはず、って勘違いしてるところ。

本当か?

おまいらは日本語のたどたどしい人間の話しを、真剣に耳を傾けるのか?

俺は、努力はするが、できない。

日本語が不自由なやつ、というフィルターを無しで、相手の話しを聞くことができない。

上から目線で、啓蒙主義的な寛容さで、君のたどたどしい日本語を聞き取ってあげよう、という気持ちにならずに聞く事が出来ない。

外国人エグゼティブが、おまいの発音の悪い、Iだらけの、語彙も無い、動詞活用もまともにできていない拙い英語を聞く時は、いつも、必ず、上から目線だ。

確かめてみるといい。

私があなたのたどたどしい英語を聞き取ってあげよう、という高飛車な彼/彼女の内面が、にっこり笑った笑顔の目尻の皺の端々に滲み出ているはずだ。

だから、"英語運用能力の高さにもとづく人間価値ランキング"が出来上がる。

ちょいモテビッチがNative English SpeakerなCaucasianの彼を連れて小粋なカフェでトークに華を咲かせている時、彼女の頭は優越感と勝ち組意識でいっぱいだ。

"ガイジンと会話してるあたしって素敵!!それに比べて英語もできないまわりの愚民達ときたら!!"

こんなヴァカな優越意識を国が旗降って構造化しちゃっていいのか?

英語をしゃべれる教師を大量に派遣しちゃっていいのか?

非Native English Speakers大量生産しちゃっていいのか?

ウッチーせんせの嘆いていらっしゃるのは、そういうことだ。

何を話すかが大事、とか、もっと実用的な英語教育を、とか、そういうことじゃない。

そんな的外れなこといっちゃうヴァカは、一生佐世保バーガーでも喰ってなさいってこった。

  • 正しいことを間違ったことのように語れるってのはすごいことだと思う。

    http://anond.hatelabo.jp/20080218123459 たしかになー。そうなんだよなー。 キングスカレッジ出たウチのセンセも「てめぇら外人は心底英語を理解することは一生できないけど、まぁ、ガンバレ」...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080218123459

    >日本語が不自由なやつ、というフィルター 確かに。君のエントリーで言うと二行目辺りから完全にフィルターON。以降二度と目尻の皺が消えなかった。 文章展開の劣化コピーぶりも含...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080218123459

    英語教育ってさ、要は国を挙げてアメリカ文化になじもうって壮大な計画なんだと思ってたよ。だって日本文化はほうっておけば中国文化に親和性があるはずなんだから。政治的にはそれ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん