2010-07-01

ミドリガメを飼おうと思う前に

これだけは知っておいてほしいこと。

 

・大きくなること

 ♂は20センチぐらい♀は30センチを超える。

 遅くても2年目にはそうなる。

 性別は、子亀のうちはわからない。

 大型の熱帯魚水槽か、衣装ケースか、池が必要。

 

環境のこと

 小さい頃はかわいくても、最強の外来種ミシシッピアカミミガメ

 野生下ではとても凶暴。

 集団でコイを襲うこともある。

 在来種との交雑も心配されている。

 絶対に放流しないで。

 

・強いこと

 厚手のゴム手袋ぐらいなら、その気がなくても後ろ足で中の手ごと切り裂いてしまう。

 アゴの力も強いので、噛まれた時も危ない。 

 

・ちっとものろまじゃないこと

 水の中では特に。

 元々ミシシッピ河でワニから逃れるぐらいの体力をしている。

 また、甲長程度の段差は楽々超える。

 金網やフェンスをよじ登ることもある。

 このため油断したスキに脱走される飼い主が後を絶たない。

 

・40年生きること。

 半生を共にすること。

 

・なつくこと

 呼べば来ること。

 膝に上ってくること。

 抱っこが必要な子すらいるということ。

 

・死ににくいこと

 何かあった時に、苦しむ時間が長いということ。

 いつか別れの時に、後悔しないよう大切にしてあげてほしい。

 

正直、ミドリガメを飼うのはお勧めできない。

露店でも見かけるが、元々好んで「爬虫類」を飼育したいと思うような人向けだと思う。

あの可愛らしい子亀が、池でよく見る黒くて大きい亀に成長するのだから。

それでも飼育したい、という人には覚悟と愛情をもって臨んでほしい。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20100701014700

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)