2022年01月10日の人気記事

2022-01-10

  1. 恋人が結婚してくれない 記事への反応44

    タイトル通り。どうすればいいんだろう。新婚さんいらっしゃいを見ながら恋人に「いつ結婚する?」と聞いたら「え、結婚する気ないよ」と言われた。めちゃめちゃびっくりして、きょどりながら「なんで?」って聞いたら理由は自分の浮気だった。頭が真っ白になった。ばれていないと思っていた浮気はほとんどばれていた。次に出た「なんで」は無意識だった。「なにが」と聞かれ、なにを聞きたいのか考えなければならなくなって、言葉…

  2. 俺がもはや若くはないオタクなんだなと実感したんは涼宮ハルヒのときだな。 記事への反応16

    当時、オタク層はごぞって絶賛してたし俺ももちろんハルヒムーブメントには乗っかってたけどチョコチョコとした違和感にも気づくようになった。感覚的なもので、例を出すのが難しいんだけど、ハルヒってアニメーションの手法として実際の人の動きをトレースして作画する技法、ロトスコープを要所要所で使っていたんだけど、それを大絶賛する空気?みたいなすごい本当に人が動いているみたいな作画をすごい手間ひまかけてやってるん…

  3. 過疎な県って合併してもよくない? 記事への反応23

    島根・広島、鳥取・岡山は合併しても問題なさそう四国は一つ栃木・群馬も一つでいいや

  4. 大嫌いな父を見殺しにしてしまった話 記事への反応16

    私は父が大嫌いでした。末っ子の私は末っ子あるあるなのか、あまり幼少期の写真もなく、家族で旅行に行ったのもベビーカーで東京ディズニーランドに行ったのが最後だった。シンデレラ城の前で撮った古びた写真を見せられ、ほらみんなでディズニーランドに行ったんだよ。なんて母に言われても覚えているわけもなく、羨ましいという気持ちが膨らむばかりでした。誕生日ひとつとっても、兄達は母手作りのアンパンマンのケーキと一緒に…

  5. 人の親になるという表現でさも立派なことのように言われるが 子を作る行.. 記事への反応23

    人の親になるという表現でさも立派なことのように言われるが子を作る行為は欲だし、新生児を抱くことも何らかの欲求から来ているのならいったい何が大人で親なのだろうかとちょっと思ってしまったどこから親になるのかそもそもそんな概念まやかしだったのか

  6. アニメ頭文字D、何が凄かったのか。なぜ新劇場版は評価されないのか 記事への反応12

    頭文字D。今もなお伝説的な人気を誇るカーアクションアニメの金字塔である。現在、第1期であるFirstStageがYoutubeで期間限定(〜2022/1/17)で配信されている。丁度いい機会なので、このアニメの何が凄かったのか。なぜ沢山の車好きが魅了されたのかを、独断と偏見で論じてみたいと思う。頭文字Dで最も特筆すべき点は、当時最先端のCG技術を用いて作成されたカーアクションシーンだろう。特に、アニメ第1期であるFirstStageのアクションシーンは、…

  7. チューブわさび、チューブからしがあるのは知ってたが 記事への反応12

    スーパーに行ったらチューブ福神漬けやチューブらっきょなんてのがあったんで思わず買ってきてしまった。パッケージを見るに、チューブ福神漬けはカレーを盛りつけた皿の端にむにゅっと出して添える想定らしい。ここまで何でもありなら、チューブ納豆やチューブとろろ、チューブ梅干し、チューブなめ茸、チューブチョコミントアイスも期待してしまう。

  8. 指定難病を発症した。 記事への反応12

    1ヶ月前まで普通に暮らしていた。幼い子どもとお出かけがあまり出来ない事が気になるぐらいでコロナ禍の生活も慣れてきた。最初は物が二重に見えて、車の運転中だったので危なく怖かった。瞼も下がってきて、ガムやイカなどを噛むとすぐに疲れてしまった。眼科から脳神経内科へ。採血して、次は筋電図検査、針を刺して反応をみるらしい。医師からは重症筋無力症という病気であると言われた。症状は目にだけのタイプと全身に症状が…

  9. 社会学者ってどういう人がなるものなのか実体験に基づいて解説する 記事への反応12

    最初に言うけど、俺はあくまで社会学の学士。文系だけどちゃんと大学出る時に論文は書いてる。そのときの研究室における思い出を中心に語る。ぶっちゃけ配属されるころには社会学者だいたい嫌いになってて外と付き合いないから教授レベルはN=10ぐらい。学生はN=30ぐらいかな。ぶっちゃけ俺大学であんま人脈作れてないんよな。サークルも下半身的なアレが面倒くさくなって途中で抜けたし。社会学部への志望動機は「文学部よりは…

  10. すごくくだらない話をすると。 四国の各県民が1万円拾ったら?(貰った.. 記事への反応2

    すごくくだらない話をすると。四国の各県民が1万円拾ったら?(貰ったら、だったかも)という有名なたとえ話があって、「香川は全額貯金して徳島は1万円足して貯金する愛媛は全額呑みに行き高知は1万円足して呑みに行く」四国が4つまとまってひとつの県にまとまれるわけないって。

  11. みんな、好きな文房具の話しないか? 記事への反応10

    俺はリサーレという消しゴムが好き何がいいって、けすときの感触が好きだ鉛筆が綿菓子のように消えるんだMonoはゴシゴシだけど、リサーレはすィーふわ〜っ感じです心がやられかけたら嫌なアイツの名前を書いてこれで消してみ?なんにも変わらないけどメモ帳が一枚増えるぞ

  12. 社会人40年目の俺が後輩に伝えたいこと 記事への反応9

    都会(の近く)に住め。・お金を貯めたいなら都会(の近く)に住め・お金を貯めたいなら自家用車を持つな。つまり都会(の近く)に住め・お金を溜めたいなら給料の高い地域に住め。つまり都会(の近く)に住め・ストレスを溜めたくないなら転職の選択肢を持て。つまり仕事が沢山ある都会(の近く)に住め・趣味を充実させたいなら文化的施設や専門ショップが多くある場所に住め。つまり都会(の近く)に住め・趣味を充実させたいな…

  13. 最近また低価格ボールペンが進化してるよね。 私の最近の推しはPILOTのジ.. 記事への反応4

    最近また低価格ボールペンが進化してるよね。私の最近の推しはPILOTのジュースアップ。書き味ヌルヌルで万年筆っぽい。寝かせて書くとちょっと液垂れするのが玉にキズ。内ポケットにさしておくのはお勧めしない。ペン先しまい忘れると布がインクを吸ってひどいことになるからな。デスクに一本置いとくのが正しい使い方だと思う。あと他には、同じくPILOTのアクロボール。多分私はPILOTペンの書き味が大好きなんだろうな。紙の上を滑って…

  14. なんでオミクロンの重症化率はいつまで経ってもはっきりせんのだ!という話 記事への反応2

    オミクロンの重症化率について誤解されがちなポイントを総ナメした人を見つけたので、ちょうどよい機会と捉えて解説メモを残しておきます。参考:f:id:Knoa:20220110164945p入院と重症の推移(直近はデルタによる入院も多いけど、オミクロン患者を全員入院させている影響もあるはず)デルタ時の都基準の重症者数は、ピークが約2週間ずれたよ。正確には「その日の重症者数」ともっともよく相関したのは「感染者数の12-18日前の7日平均」だったよ。…

  15. なんでスーパーのパック寿司にはエビが入ってるん? 記事への反応16

    エビはアレルギーの代表格の一つやん消費者に合わせて寿司の重要な要素の一つであるワサビすら抜けるのにエビは抜けないというか?エビアレルギーのワシ食べられない誰かあげられる人がいればいいけど独身孤独、捨てるのは忍びない全てのパックからエビを抜けなんて言わないからアレルギー対応パックぐらいあっても良くない?たまごとかも

  16. なんでこんなに子供作る人が多いの? 自分が頑張って働いたお金が他人に.. 記事への反応6

    なんでこんなに子供作る人が多いの?自分が頑張って働いたお金が他人に使われるのって嫌じゃないの?自分のために使いたくないの?かわいいから?世の中の普通になりたいから?種としての本能?一時の快楽と興味?

  17. コントとAVの倒錯構造 記事への反応4

    ふと、どんなコントのネタが好みなのか自省してみたくなった。脳内のライブラリを振り返ってみると、アルコ&ピースの「ボウリングのハイスコアを買い取る業者」や「体育館の天井に挟まったバレーボールを除去する業者」、チョコレートプラネットの「開けにくいポテトチップスの袋を開封する業者」のような、あり得ない設定の業者に説得力を持たせたネタが好きなのだと気づいた。ここで強調しておきたいのは、コントを演じる二人が…

  18. 殺人はよくないことだが「殺される恐怖」は必要悪ではないか 記事への反応14

    「やりすぎたら殺される」という恐怖によるパワーバランスもあった方がいいのではないか。今それがないからサイコパスが好き放題やりすぎだ。昔はオウム幹部とか豊田商事とか殺されていた。今は被害者側が自死をする傾向になっていて理不尽だ。それでは世の中が自浄されない。

  19. 遠くへ行くから 記事への反応3

    最初で最後のデートした。手を繋いで歩いて、ラブホ行って食事に行った。友達期間が長すぎてエッチはめちゃくちゃ照れて緊張した。普段ほど感じる事は出来なかったけど、嬉しかった。食事しながら久しぶりにたくさん話して本音も聞いて、この人と一緒に過ごす事もきっと楽しかっただろうと思った。これが恋なのかはハッキリしないけど、久しぶりにこんな切ない気持ちを味わった。もっと膨れ上がってしまうのか、これから徐々に消え…

  20. もしも世界が若者だらけになったら。 記事への反応6

     科学技術の発達により、猫も杓子も若返って不老長寿になってしまった世界で、意地になって人生80年モードを貫く老人が非常に稀だがいるとする。大体、家族に嫌がられて最終的にはほとんど強制的に若返らせられるのだが、頑固一徹で老いさらばれて死ぬことを選んだジジイがいる。 そんな頑固ジジイをカッコいいと思ってしまった、一人の若者。ジジイは「稀少性に目が眩んでるだけ」だと若者を退ける。若者はジジイが信念を貫いて…

  21. 成人式の袴ヤンキーとボディポジティブモデル 記事への反応3

    毎年、成人の日になるとイカれた派手派手袴姿のヤンキー成人がニュースの話題になるけど、ああいう人達を見ると近年リベラル(ポリコレ?)界隈で流行ってるようなボディポジティブモデルを連想するんだよな。ここでいうボディポジティブは『ありのままの姿の自分を愛する』みたいな理念的な話というより、そこから生まれた『デブのモデル』『ブスなモデル』みたいな人達とその流行りの話。成人式の派手派手袴とかヤンキーのファッ…

  22. 投稿からしばらくはずっとポジティブなリアクションが殆どだったのだけ.. 記事への反応5

    投稿からしばらくはずっとポジティブなリアクションが殆どだったのだけれど、Plum/プラム@男女共同参画局推しによるツイート↓が「犬笛」として批判的な人達にデリバリーされた結果、批判的な意見が押し寄せることになったらしい。タイムスタンプを見ると。このツイートを見て、私はやっぱり結婚したくないと思った。全然いい話に思えない。経済的に自立することはやっぱり自尊心を保つためにも大切。わかる人にしかわからないかもだ…

  23. 実際に子どもを産み育てて知ったこと 人間は何一つ思うようにはならな.. 記事への反応11

    実際に子どもを産み育てて知ったこと人間は何一つ思うようにはならないし、自分の血を分けたとしても分身ではない子どもを育てるのに必要なのは母性父性とかふんわりした愛なんかではなく、とにかく責任感。1にも2にも責任感。子どもは年々自分とは違う1人の人間として育っていき、親は単なる通過点。子どもの人生が海外旅行だとすると親のできることって空港行きのシャトルバス乗り場に向かうローカルバスぐらいのポジションでしか…

202201
2021010203040506070809101112
2020010203040506070809101112
2019010203040506070809101112
2018010203040506070809101112
2017010203040506070809101112
2016010203040506070809101112
2015010203040506070809101112
2014010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
200609101112
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん