2010-03-31

花咲アキラ幸せなのだろうか

美味しんぼ」の単行本は累計一億部以上売れているらしい。

原作雁屋哲と、作画の花咲アキラとで印税を半々にしても、一人辺り相当な額だろう。

しかし私は花咲アキラを心配している。

初期の「美味しんぼ」は絵が荒かった。

少し劇画っぽいというか、

とにかく主人公の山岡士郎も荒っぽい人間だった。

それが、アニメ化の影響か知らないが、

どんどんアニメっぽい類型的な絵になっていく。

どこかで絵柄を進化させるのを、やめたようだ。

ストーリーも、山岡が栗田さんと結婚したりと、安定したものになっていく。

雁屋哲はいい。彼は適当に、

水戸黄門的なストーリーを書くだけだ。

それっぽい料理うんちくを混ぜたりして。

楽な仕事だ。

自分政治主張を織り込んだりして、

エゴも満足させられる。

しかもオーストラリアで余生を楽しんでるし。

しかし花咲アキラはどうだろう。

漫画の週刊連載というのはハードワークである。

自分エゴを作品に織り込めれば、辛い仕事にも満足できるだろう。

しかし彼が求められるのは、アニメ的な類型的な絵だ。

おまけにストーリー水戸黄門

こんなの、辛いに決まってる。

それを彼は二十年以上続けているのだ。

恐ろしい忍耐力である。

やめたくても、やめられないのだろう。

ビッグコミックスピリッツの部数にも影響するだろうし。

花咲アキラは「美味しんぼ」の大ヒットで、

大金を得る代わりに、

大事なものを失った気がする。

  • http://anond.hatelabo.jp/20100331222404

    花咲アキラについて その昔、スピリッツで彼のデビュー作「シンペイの航海」を読んだ。 編集の手がどこまで入っていたかは知らないが、親しみの持てる絵柄、 ストーリー構成、味、...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん