2010-02-11

雑感

新卒でそこそこ名の知れた政府系機関にキャリア待遇で入ってはや10ヶ月。

ちらしの裏かもしれんけど、思ったことを勝手に羅列する。

人事制度が腐っている。キャリア、ノンキャリア(厳密にはちがうけど、それに近い制度なので活用)の中で相当な確執が発生。

ノンキャリアがする仕事一般職と全く変わらないルーチンワーク。ひたすらマニュアルどおりに作業する毎日。

他人事だけど、こんなことすると思って入った同期はひとりもいないだろーな。かわいそうに。

ルーチンワークを3年間もすれば、頭が働かない人材ができて当然。

昇進するのはゴマすり野郎だらけで、それを嫌った優秀な人材が外部に続出。

それなりの給料をもらっているのに、仕事に対するプロ意識が欠如している人間の多さ。

例えば「私一般職なの」で、給料に見合う仕事を一切しない。成果を出す概念が笑えるほどない。

不効率な店舗運営。

業務の外注化、本部への集中を図れば、今いる人員の半分がいらないのに、明確な先行きのビジョンを示さない本部。

めんどくさい人間関係飲み会に参加しないだけで、参加しない人間の評価がおちるというあほぶり。仕事で評価しましょうよ。

優良企業といわれている実態はこんなもんだ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20100211013713

    優良企業といわれている実態はこんなもんだ。 いや企業じゃなくて政府系機関でしょ。 日銀の中の人が「うちの会社」って言いたがるのと同じか。 政府系機関に現代的な人事制度を...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん