2008-12-21

ネットの向こうの友だちが死んだ。すんごい愛してる人がいて、その人からすんごい愛されてるのに死んだ。それ以外の人からも愛されていたし、愛していた。でもひとりぼっちで死んだ。

どういう日常生活を送っていたのか、ネットのこちらの自分は知らない。でもわからない。わからないことが多すぎる。

あの日から「生と死は等価値」という言葉が頭の中をめぐっていて離れない。死に取り憑かれている。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん