2008-06-16

人との触れ合い

病気仕事もせずに、何ら生産的なことも出来ずに、鬱々とした日々を送っている俺だけど、

今日、いやさっき、コンビニで唯一の楽しみであるジャンプを買いに行った。

12時半頃に行ってもない。今日発売なのに。また届いてないのかな?と思って、

仕方なく、近くのマンガを読んだり、フラフラしたりして時間を潰してた。

んで、痺れを切らして別のコンビニに行くことに。そこではジャンプは届いていたが、

まだ開封されてなかった。店員がモタモタしてて、またフラフラしてる内に、ヤンキー

沸いてきたので、欝になって逃げてきた。元のコンビニに戻り、ジャンプが届いてたので、

「そこでジャンプ下さい」といい(まだ開封されてなかった)、レジへ向かうことに。

そこで、レジのオッサン(たぶん店長)が、「さっきジャンプ待ってたの?」と一言二言話しかけてくれた。

いや、大したことじゃないんだろうけど、鬱々とした日々を送ってた俺にとっては、なんというか、

とても嬉しかったのだ。

帰りの道(車)では、頭の中で、奥華子ガーネットが流れ、とても気分良く帰れた。

結局、何が言いたいのかわからんのだが、こういう小さな触れ合いがとても幸せなことだと言うことだ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん