2019-08-25

  • anond:20190825054644

    ジョジョ六部の終わりを描いているとき、荒木飛呂彦は究極に達したと満足感を味わうと同時にそれに危機感を感じたそうな。究極的な満足なんてものはないほうが良いのだろうね。多...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん