2018-05-24

困ったレビュアーさん

安倍(仮)(以下A)「おつかれさまです。issue XX番のFIXが完了しました。さきほどプルリクを投げたので、コードレビューをお願いします」

レビュアー(以下R)「ちょっと待った。お前、コードレビューの前に聞きたいことがある。こないだの○○の件の経費精算でズルしただろう。申告した額とレシートの内容に差異が見つかったんだが」

A「あ、すみません間違えまして。修正して再提出しますね」

R「そんなこと言って逃げるつもりだろうが。もし指摘がなければそのままズルしてたつもりだったんだろう」

A「いえそんなことは」

R「違うというなら、この額の差はどう説明するんだ。ただのケアレスミスでこんな間違いが起こると思っているのか。そもそもエンジニア以前に社会人としてだな」

(以下略)

と、レビュアーさんがもう随分と長い間お説教モードになっていて困るのですが。確かに経費精算でズルしたのが問題ないとは言わないけど、それにばっかり時間を割いてないで、さっさと本業のコードレビューを進めてもらえないですかね。。。リリースが遅れたり、あるいはろくにレビューされずに LGTM なマージをされて後々バグが出て困るのは、そのソフトウェアを利用している我々ユーザーなんですよ。



記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん