2010-09-04

DS買うか、買わないか。

今日、息子の一年生とした会話。

「お父さん、こどもが一番ほしいものって、しってる?」

「……ファミコンかな?」

「ちがうよ! ゲームだよ! ゲームかって!」

「えー、、ファミコンならいいけど、、」

「それでもいいよ! で、ファミコンって何?」

「20年前にお父さんがとても欲しかったゲーム機で…」

「そんなのいらないよ! DSかって!」

ファミコンって、もはや普通名詞じゃないんだね。

お父さんはDSのことファミコンっていうんだよ、って笑われてもしかたがない。

なんでも同級生に、君はDS持ってないから

僕の家こないでといわれたらしい。

話には聞いていたけどねぇ、、

据え置き方のゲーム機なら、順番順番で遊べたけれど、

DSじゃそうはいかないのだろう。

自分もなかなか買ってもらえなかったので、

息子の気持ちはよくわかる。

だけど、その決して親切とはいえない近所の子相手に、

DS買ってやりましたから、うちの子も仲間にいれてやってください、

みたいなケリのつけかたが、癪にさわってしかたがない。

息子は、そんなバカみたいな親のプライドなんか知ったこっちゃねえから、

とにかく買ってくれ、というだろうが。子ども世界残酷だしね。

もうすこし円満に、皆がニコニコして、はいDS買いましたよ、ヤッターってわけにはいかないか。

脳トレ川島先生は、ルールを守れなかったお子さんのDSを御手みずからブチ壊したと、どっかで読んだ。

うちも遅かれ早かれ、そうなる気がする。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん