2009-09-11

八幡様がみてる』巻第九「胸さわぎの宇治川先陣」

「お待ちなさい」

お社の前であったから、一瞬八幡様に呼び止められたのかと思った。

腹帯ののびて見えそうでいてよ」

後に残された梶原は、状況がわかってくるに従って徐々に頭に血が上っていった。

cf: http://books.shueisha.co.jp/tameshiyomi/4-08-614459-X.html

cf: http://www.j-texts.com/heike/ryukoku/hry009.html

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん