2009-01-26

火のおこし方を学ぶ。

前提:道具無し、火のおこし方全く知らず

・1段階目

師匠「んじゃとりあえず火をおこして」

自分「んなん、やり方わからないしできるわけないじゃーん、ちょっとぐらいやり方教えて」

師匠自分で考えろ!!ここは学校じゃない!!!」

自分「あわわわわ、、、、、」


・2段階目

やつれぎみの自分「が、頑張ってみたのですが、で、できないのでやり方を教えて頂けませんか?」

師匠「忙しい!やり方はこの辺の本棚から適当に探せ!!」

自分「ひえええええ、、、、」

・3段階目

痩せてきた自分「と、と、と、とりあえず木とおがくずがあれば出来ることはわかったんですが、こ、こ、ここからどうしたらいいんでしょ?」

師匠「私は忙しいの!!誰か他の人に聞きなさい!!!足で稼げ!!!」

自分「わ、わ、わかりました」

・4段階目

目が笑ってない笑顔自分「せ、先輩に聞いて、き、木の棒の摩擦で火を起こすことと、ま、ま摩擦を受ける木の板が足りないことはわ、わ、わかりまし た。火を起こそうと思うんですが。いいですかねー?はっはははは」

師匠「とりあえずやってみて、できたらみしてー」

自分「お、お、お願い致します」

・5段階目

目が死んでいる自分「こ、これで大丈夫だと思うんですが、確認していただけませんでしょうか?」

師匠「しょうがないなー。うん、これでいいよー」

自分「や、やっとできました、ひょ、ひょ、火を起こすのはこんなに大変なんですね、こ、このままやっていけるか不安です。。。」

師匠「若いうちは苦労した分あとで糧になるんだよ。わざと今まで厳しくしてたんだから」


・最終段階

自分ありがとうございます、こんなできない自分に教えて頂いて!自分師匠がいないと何もできません!!」

師匠「早く一人前になって私を助けてね。さて私も久々に火を起こすか~。ライターどこいったかな~。」

自分「。。。。」






社会人一年目のOJTってどこもこんな感じ?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん