2008-08-13

知っていて損はない知識

「恥ずかしい」という感情、羞恥心は、他者に対して抱くものではありません。他者の目に映った自分に対して抱くものです。他人からどう見られるか、他人にどう思われるかを気にする態度とも言えるでしょう。子どもは無邪気といわれますが、羞恥心をもたないこともその一面といえるでしょう。子どもの時と違って思春期は、この羞恥心が大変強くなります“自意識過剰”といわれるのもこのためです。女性に強いのも特徴です。しかし、青年期以降はどんどん弱まっていきます。中年期の女性たちが「おばたりあん」といわれるのも羞恥心が失われているからでしょう。

柏木惠子ほか『発達心理学への招待』ミネルヴァ書房,p.175

  • 嫌われ者のモノクローム

    [短・散・文]世間様の多くの人が三連休を過ごされているってのに、今日も出勤。空いている車内。どこかに出かけるのか楽しそうな家族連れ。普段はむすっとした顔でラッシュに揺られ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん