2007-06-07

文系レポート理系レポート

高校時代は文系だったが思うところあって理転して、理系大学に通っている。理系大学といえどもいっつも数式とにらめっこしているわけではなく、教養として普通に人文系の授業もあったりする。人文は正直楽なので、単位を埋めるのに積極活用している。

そんな人文の授業では、レポートが課されたりもする。そして人文系の授業を受け持つ先生は、8割がたこう言うのだ。

レポートは長ければ長いほどいいです」

一方理系の授業のレポートではほぼ間違いなくこうだ。

レポート無駄に長くしたりせず、肝心なことを簡潔に書いてきてください」

数学が苦手で理系の授業ではわからないことだらけで留年したりしている私だが、この二つのレポートに対するスタンスの差だけでもやっぱり理転してよかったと思ってしまう。本質を簡潔に表現できることこそが、物事をよく理解していることの証明だと思うからだ。

文系の授業ではレポートが長ければ長いほど評価できる力を成績の基準にしているのだろうが、それはいったい何なのだろう?今度質問してみよう。

  • http://anond.hatelabo.jp/20070607145728 文系の授業ではレポートが長ければ長いほど評価できる力を成績の基準にしているのだろうが、それはいったい何なのだろう?今度質問してみよう。 定期的...

    • やたら長いDMに中身があるとは思えないの自分だけだろうか…。 レポートに長さ…というより重量を要求するのは、学生が労力をかけたかどうかを確認したいだけだとおもうな。 とくに...

      • >当時から手書きが苦手だった自分はプリントアウトしたかったんだけど、 >それを認めない頑固おやじが居て困った。 >なんでもコピーされたらわからないからとか。もうね、どう...

  • あなたの大学に人文学のまともな先生がいないことは分かった

  • 理系は、文系より優れてると思うのはやめたほうが良い

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん