2007-01-24

ただの人間には興味ありません

私が二次元に求めるのは、例えば、

絵によって表現されるしかなかった神々しさ、の尻尾のようなものです。

または絵空事とわかっているから辿り着ける劇的展開の果てです。

実在しないが故に有り難くもあるわけです。

本当に神様が私の目の前に現れたらいろいろ困ります。

別に高尚な存在だけが神々しいわけではなく、例えばアイドルは生身の肉体以外の何か、を背負っている(ように見える)から偶像たり得るのです。それが二次元でも三次元でも。

それが漫画のコマ絵の女神像でも同様です。

故に三次元二次元を代替しません。

http://anond.hatelabo.jp/20070124140510

記事への反応 -
  • 「二次元は三次元の代替手段に過ぎないのか」という話題に関連した自分語り。URLは面倒なので貼らない。 ぼくは小説なんかを何回も読む人で、二度読み三度読みは当たり前、好きな本...

  • ■二次元好きは所詮性欲の捌け口でしかなかったのか 何をいまさらと思うかもしれないけど、自称なりともオタクを自負していた身としては結構辛い。 彼女ができる前までは...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん