2021-02-21

竿なし芳一

anond:20210221101218

何としても百合の間に挟まりたい、そう懇願する芳一に和尚はほとほと困り果てていた。

琵琶の名人芳一はこのところ平家の落人の屋敷に日参しているが、隣りの部屋で姫君達が女同士でイチャコラしているのが気になってしかたないという

できれば混ざりたいという

しかし百合の間に挟まるのは滅九族の大罪、困りあぐねた和尚はある夜FANZAであるジャンルのビデオを見てひらめいた。

芳一の全身に魔法のお経を書き、言い渡すことには

この経を書いた者は透明人間になる。気づかれぬ間に百合の中に混ざり、本懐を果たすべしと。

 

この話を聞いた芳一、早速透明人間のまま屋敷にしのびより、痴態にふける姫君の一人に自慢の摩羅をずぶり

「んほお♡今までにないキョウレツなシゲキぃぃぃ♡♡」

未経験の子宮をつらぬかれた姫君は瞬く間に果て、周囲の者は突然の反応にいぶかしんだ

「はて面妖な。この屋敷の中に曲者が忍んでいるに違いない」

あたりを見わたすと中空に芳一の竿が浮かんでいるではないか。何と先程の挿入で濡れたせいでお経が消えてしまったのだ

「このような快感を今宵で終わらすのも勿体ない。さりとて他に姿は見えず。しからばこの竿のみ持って帰ろう」

そう言うや否や姫君の一人は刀を振り降ろし芳一の竿をすぱりと切り落としてしまった

 

あと何やかんやで芳一は女体化してしまい、念願叶って百合の間に混ざることができたものの自分も百合になってしまった

記事への反応 -
  • 耳なし芳一の話から得られる教訓ってなに? 現場猫の「ヨシ!」には気をつけろってこと?

    • anond:20210221101218 何としても百合の間に挟まりたい、そう懇願する芳一に和尚はほとほと困り果てていた。 琵琶の名人芳一はこのところ平家の落人の屋敷に日参しているが、隣りの部屋で...

      • この一部始終を影で見ていたのは寺に住むサキュバス(メスガキ)であった。 日頃「ざぁこw」「よわよわww」と蔑んでいた芳一の百合の中でのあっぱれな活躍を見るにつけ 嫉妬と見栄...

        • メスガキがわからせられるまで あ と 1 0 0 0 日

      • 優勝

    • 坊主が話しかけようとするから 耳を切り落とし いまどきは、坊主が骨伝導をつかって、話しかけようとするから 頭蓋骨を砕いて 遊麗にならないと 坊主は話しかけようとする 暇なのは...

      • またわられちゃった 僕の卵 たくらん だれかが、やってきて わって 自分のを生んでいく 40歳独身 ほかのひとは子供がいる そりゃ僕の栄養奪えば 会社はもうかる それが人類...

      • 伽婆苦羅

    • KYが甘いって話じゃないの? 夜が明けたら安全大会開催は必至

    • 平家は悪なので墓すらも作るな

    • 芳一に琵琶を弾く技量があっても、目が見えず耳もないので、不憫に思ったお寺の人がマーケティング戦略として、可哀想な同情話を作ったんでは。

      • ちんこの先までしっかり経文を書いた坊さんが、耳だけ忘れるとは到底感がられないからなぁ・・

        • 説明不足だったけど。芳一は、生まれた時から目も見えず耳も無かったの。後付けで話を作り出されたんだってば。 琵琶はうまかったんだけどー。 それで、寺の和尚さんが、お客さんが...

    • 耳にも書け

    • 耳なし芳一は、素性のよく分からない相手に、琵琶を聞かせたのがそもそも間違いだった。 他人の頼みごとを叶えてあげようとしても、相手が怨霊ではお礼をしてもらえるどころか、耳...

    • 耳なし芳一(あらすじ) http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=67 女の声が聞こえ、「今宵より三夜間、弾き語りをして聞かせてほしい。またこの事は誰にも内緒にするように」と...

    • 実は「耳なし芳一」には続きがあるんだよね 芳一が耳をもぎ取られた話を聞いた隣村の琵琶法師が 自分の耳も取ってもらおうとその場所に行って琵琶を弾いたら 平家の怨霊が「この下...

    • コンサルA:「来るのがわかってるのに何故受け身なのか」 コンサルB:「銃で撃てばいいのに」 コンサルC:「耳に毒を塗るとか」 コンサルD:「琵琶プレイヤーを先方に派遣する...

    • 「才能のあるアーティストはストーカーとかに気をつけろ」

    • そもそも、経文を唱えたり書いたりしたら悪霊が退散するって考えたことが凄い発明 引数オプションてんこ盛りのコマンドライン命令みたいなノリなのかね?

    • 何からも教訓を得ようとするのは時間のムダという教訓

    • 文字と文字の間の空白の扱いとか子供の頃気にならなかった?

    • 三節棍は二度騙す ということ

    • 彼女がウマ娘だったら念仏も意味がないって話かな

    • 冬に 耳を出していると 寒い

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん