2010-09-08

図書館から電波本が消えた

自然科学の棚にのさばっているオカルト本に、ホメオパシー騒動に絡んでクレームを入れておいたんだが。

波動とか、宇宙人の預言とか、オカルト的な本がごっそり消えていた。(水伝は元々なかった)

精神世界の棚に移したか書庫に叩き込んだかは知らないが、グッジョブ

しかも「○○からのメッセージ」的な名前の真面目な本は巻き添えで消えたりせずにちゃんと残っていた。

いい仕事するなあ。

鬱陶しい市民クレーム対応しただけならここまで徹底はしない。図書館にも正確に分類すべきと考えた職員がいたことを意味する。

できるならば今後は買う前に分類して、自然科学自然科学精神世界精神世界に充当するにふさわしい予算配分で買ってくれるよう望む。

厳密に配分が決まっているわけではないだろうが、自然科学書の名目でオカルト本がどかどか買われている状態は目に余った。

  • http://anond.hatelabo.jp/20100908175123

    すげえな そこの図書館に勤めてる人は本当に本が好きなんだろうな 一般企業だったらクレームついたジャンルんとこ、臭いものに蓋するみたいにごっそり撤去すると思うw

  • http://anond.hatelabo.jp/20100908175123

    言っておくが、自然科学ってーのはもともとオカルトと表裏一体の存在(例:フロギストン、エーテル)なわけで、水伝もそうだけどあからさまに出鱈目と判断されたからといってカテ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん